ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

「山と高原地図」で登山のプランを作成できる「ヤマプラ」を使って槇尾山に登ってきました。

   

山専用のコミュニティサイト「ヤマレコ」では、「山と高原地図」(出版元:昭文社)のコースタイム情報を使って、登山のプランを作成できる「ヤマプラ」という機能(ウェブサービス)を今年の夏(2015.07.29)にスタートさせました。(会員登録すると無料で利用できます)

山と高原地図49「金剛・葛城 紀泉高原」より
ヤマプラ
地点をクリックしてルートを繋いでいく

詳細はこちらをどうぞ。

http://www.yamareco.com/modules/diary/85874-detail-101365

「山と高原地図」で登山のプランを作成できる「ヤマプラ」をリリースしました! – officialさんの日記 – ヤマレコ

スポンサーリンク

9年前の思い出を胸に槇尾山へ登る

以前住んでいた泉北ニュータウンのとある団地のバス停から、岩湧山のカヤトの原がよく見えていました。槇尾山は自宅から登れる手軽な山で、娘の手を引いてよく登りに行ったものです。そして、9年前、泉南市に引っ越しすることになったので、最後の思い出にと「おにぎり弁当」を朝から作って、槇尾山に登りに行ったのです。

施福寺・仁王門前にて
仁王門
保育園の年中さんだったから、まだ5歳かな。

この日は朝から快晴、紅葉にはまだ早い初秋の槇尾山参道を二人で登りました。

参道の長い石段前
石段
ヘアスタイルは「一本ニュ括り」と言います。ソテツじゃありません。

当時は施福寺の境内がある広場の端に、ちいさな茶店があって夏は「ひやしあめ」、冬は「おでん、甘酒」を楽しむことができたのです。ほぼ、毎日登ってくる常連さんもいて、お店のおばちゃんとの掛け合いが面白かった。(酔っぱらってくだを巻く客のことを「ヌルクタ」と呼んでいたのが今でも耳に残る)

茶店の看板が懐かしい。
茶店看板
茶店前のテラスからは、岩湧山がよく見えます。山は昔と変わりません。

施福寺で受付をされている方にお尋ねしたところ、その茶店は平成24年秋ごろに閉店となったそうです。

茶店の跡地。いずれ人々の記憶からも消え去るのだろうか。

施福寺境内

[2015.10.10 撮影]

ヤマプラを実際に使ってみる

今年の夏に始まったヤマプラのサービスですが、日ごろは「山と高原地図」には縁のない地域ばかり歩いているので、しばらくは使い道がありませんでした。そのうち地図の破線ルートが使えるようになったので、何かプランを練ってみようというワケで。。。

http://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-155021.html

国分峠~九鬼町~槇尾山・施福寺~清水ノ滝見学 [山行計画] – ヤマレコ

、、、と、作ってみました。なかなか便利です。生駒山系以外の地域を歩くときは、バスの時刻や運賃、そして、立ち寄りそうな三角点や名所旧跡などなど。行動予定の欄に情報を記入しておくことができます。

山行計画に登録した写真(あとから追加もできます)
ヤマプラ
無料アカウントで登録できる容量上限に影響しません。

山行記録同様に写真もアップできるようになっているので、往時の写真をいくつかピックアップして登録しておきました。

作成したルートのGPXファイルが生成される。
ヤマプラ

ルートを作成して登録すると、GPXファイルの形でダウンロードすることが可能となります。そのGPXファイルを地図ロイドで読み込んでおくと、当日の歩く目安になりますので、道迷いもやルートミスを事前に防ぐことも可能でしょう。

プリントアウト可能。用紙の大きさは自由に設定できます。
ヤマプラ

山スマホをお使いでない方は、紙ベースの地図をプリントアウトすることもできます。大きさを調整することで全体マップや部分マップを作製可能です。

紙の地図があれば便利かどうかはアナタ次第です。
ヤマプラ地図

ずいぶん変わっていた槇尾山周辺

久しぶりに歩いてみると、いろいろと変わった様子を発見できました。特に、道標の類(たぐい)は以前より増えています。清水の滝ルートも不安定な木橋が補強されて歩きやすくなっていました。

2015.10.10撮影の木橋(動画より)
ヤマプラ
補強されて手すりがついていた。

実は娘と歩いた9年前、当時5歳だった娘を連れて挑戦しています。木橋が揺れて怖いので、四つ這いで渡ったのを思い出しました。しかし、崖の上まで来て断念。遠くから滝を眺めて引き返しました。(今から思うとなんと無謀な事をしたもんだ)次の動画を見ていただければ、「コイツ馬鹿か」と思うでしょう。

これが当時の木橋。揺れる、軋む、滑るで、まともに渡れなかった娘。
清水の滝
今考えると手に汗が出てきます。

ふぁんトントの挑戦シリーズ「清水の滝(槇尾山)」


ヤマレコの山行記録はコチラをクリック↓
http://goo.gl/KmSerm

木の根元に祀られていたお地蔵さん。
五ツ辻
興味深く眺める娘

娘が興味津々で見つめた仏さんは、影も形もなくなっていました。そういえば鳥居もあったけど、それもなくなっていました。

清水(きよず)の滝入口には鳥居が建っていた。
鳥居

ヤマプラの予定には2003年に撮影した清水の滝をアップしています。当時はデジカメが高価な商品でした。CASIOが発売したLV-10という機種は、ふぁんトントが最初に手にしたデジカメです。

http://ascii.jp/elem/000/000/317/317999/

ASCII.jp:カシオ、31万画素のデジタルカメラ『カシオ LV-10』を発売

15年前の発売なんですね。。。そりゃ年取るわ。

五ツ辻(2015.10.10撮影)
五ツ辻2015
機械は進歩しても、腕前はさほど進化してませんね。

今回ヤマプラの機能を試してみて便利だったので、山と高原地図のエリアを歩くときは積極的に使ってみようと思います。生駒山系以外を歩くと、帰宅がどうしても遅くなってしまうので、下山連絡システムを活用して娘に心配をかけないようにしたいと思っています。(たぶん、心配してないけど。。。)

下山連絡システム
ヤマプラ

では、また

 - デジタルカメラ, 山歩き , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Blog Title 20170111
「楽音寺道」- とうとう完成した「高安山越十二道」の探索

2015年末から始めた高安山越十二道の探索は、最後に残った楽音寺道を無事に歩き終 …

アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)のちょっと間違った使い方 PartⅡ

アウトドアの新定番として人気のあるYAMAP(ヤマップ)のアプリが好き過ぎて、「 …

Blog 20161028
「第3回へぐり歴史絵地図Deスタンプラリー」に行ってきた。

当ブログで紹介した「第3回へぐり歴史絵地図Deスタンプラリー」に参加してきました …

Blog title20161020
アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)のデータ通信料を節約する方法

「データ通信料を節約する」と題していますが、これはとても曖昧な表現です。携帯電話 …

明神山
関西ハイク山友(やまとも)会への御礼

関西ハイク山友会は、「新ハイキング関西の山」が廃刊となったことに伴い、平成23年 …

角屋
菅笠日記のみちを歩く

– 江戸時代のヤマレコ「菅笠日記」を読んでみる 本居宣長のヤマレコ、 …

八丁岩
生駒山系の巨石遺構

生駒山系の山歩きでは、季節ごとに変わりゆく風景、色彩豊かな植物、歴史を感じる石造 …

blog タイトル
「ハッカオイル+ユーカリオイル」の虫よけスプレーは最高!

夏の低山徘徊には様々なリスクが存在することをご承知でしょうか。そんなこと言われな …

キネシスKJ1
衝動買いで使い始めたアシックスサポーター・キネシスKJ1で膝痛が出なくなった

10kmを超える山歩きでは片方の膝が痛くなるので困っていました。 これが限界ギリ …

銀峰のプレート
「銀峰(P396)はどこ?」全部入りの二上山にハマる

写真はトリミングしてます。 ちゃんと全身写ってますから。 オール・イン・ワン・パ …