ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

スマートウォッチ/SONY Smartwatch2(SW2) が帰って来た!

      2017/12/19

Blog Title 20170916

Blog Title 20170916

今年(2017)の夏、ウバユリの開花を予想して宝山寺川を遡上しました。近鉄生駒駅から数分歩けば、低山とは思えない素晴らしい渓谷美が待ち構えています。しかし、今年の夏は暑かった。。。ヤブ漕ぎと倒木越えに疲弊し、宝山寺参詣道に到達するとグッタリ。時節柄、きれいに咲いていたあじさいを愛でる余裕さえなくなっていました。

へとへとになって休憩所に到着。冷却スプレーでクールダウンしてホッと一息。時間を確認しようと時計(SW2)を見ると電源が落ちている。「アレ?、起動させるの忘れたかな」と一瞬思いました。夏の季節、腕時計は煩わしいです。特に汗が溜まって不快感MAX なので、ストラップでポーチに吊るしていました。

電源をオンにしても、SONY ロゴの点滅を繰り返す起動ループ。ついにお亡くなりになったようです。

スポンサーリンク

“Apple Watch Series 3” が発売された!

SONY Smartwatch2(SW2)=以下、”SW2″ と略します。
IMG_0310

“SW2″を購入して以来、スマホを3台ぐらい乗り換えています。そのことを考えると異例の長持ちでした。これには理由があって、この間に「乗り換えたい」と思えるようなデバイスが登場していない事実です。”SW2″が発売された翌年にApple社から、満を持したように”Apple Watch” なるものが発表され、スマートウォッチ界隈は盛り上がりを見せました。

  • ASCII アスキー
  • そして、直近ではその三代目が発売されています。今回の目玉は、LTE通信に対応したこと。そして防水性能です。オセー(遅い)んだよ

    それでも、やっぱり”SW2″がイイ!

    Screenshot of www.sonymobile.co.jp

    SmartWatch2 SW2 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

    公式サイト

    「慣れ」というのもありますが、”SW2″には、飽き性のふぁんトントを満足させる魅力があるのです。今回の復活劇を少し振り返っておきましょう。ちなみに”SW2″は公式サイトで、今も販売が継続されています。”SW2″の後継で “Android Wear”にも対応する”SW3″が販売終了したのと対照的です。(在庫確認要)

    起動ループから2ヶ月放置

    Screenshot of yamap.co.jp

    プチ沢登りでヘロヘロ、庄兵ヱ道から水車のウバユリを見に行った。 | YAMAP 登山・アウトドアの新定番

    2017.07.02

    バッテリーは半年前から劣化を感じていました。しかし、一度「完全放電→満充電」をやってみると、支障なく使えるようになったのです。”SW2″は電池持ちが良いので、少々劣化しても大丈夫。しかし、起動しない事には使えません。YAMAPの活動日記でアドバイスを得られたので、乾燥剤の入ったジップロックに入れて様子を見ていました。

    ついに「ドナ♪ドナ♪」する時が来た。

    「ドナドナ」とは、ヤフオク用語で使えるモノを売り飛ばす時に使われます。自分にはどうしても壊れたように思えない。その内に起動するんじゃないかと、ほのかに期待すること2か月。ついに諦める時を迎えたのです。

    Lunar Phase Pure Edition

    Lunar Phase Pure Edition
    開発元:AndScaloid
    ¥327
    posted with アプリーチ

    327円の有料版

    夏が終わると、急速に日没が早くなります。メマトイなどの嫌虫が減る一方で、下山時間がとても気になる。日没時間を計算に入れた山歩きが必要となってきます。”SW2″の故障直後は、日没なんか全く気にならなかったので、昔から使ってる”Lunar Phase”の有料版”Pure Edition”を購入して、ウザイ広告とおさらばしたのですが。。。

    有償交換という手があった!

    amazon

    前述したように”SW2″を再購入することは簡単です。その前に、後継の腕時計として、頑丈なことで知られるG-SHOCK スマーフォンリンクモデルを検討していました。Bluetooth 対応でSmart Unlock 可能なデバイスを探していたからです。iPhoneでも使えて、安価な”Xiaomi Mi Band2″も検討した結果、余計な通知系を搭載しないG’MIXは好都合でした。

    amazon

    ほぼ”GBA-400-1A9JF”に決まりかけた頃、日没時間が気になり始め、”SW2″が無性に恋しくなったのです。そこで、公式サイトやAmazonの並行輸入で再購入するのではなく、「有償交換」という手段を選びました。費用的にはどちらも同じです。有償交換の方がやや安い程度。「出費を減らしたい」というよりも、”SW2″への愛着がそうさせました。

    交換品が届いた!

    修理の引き取りは9/8(金)でした。それから一週間もしない9/14(木)に新品が届きました。代引き手数料などを合計して12,484円のお買い物。こうして、ふぁんトントがこよなく愛する”SW2″は再び、左手首に装着されることになりました。(冬季限定)

    最新のスマートウォッチ事情

    新発売の際は、プラスチック・ケースに収まっていました。超カッチョイイ!

    “SW2″をこよなく愛するものとして、万人におススメしたいところですが、やっぱり最新のデバイスに心惹かれます。公式サイトでの販売もいつ終了してもおかしくない状況。2年後に「有償交換」可能かどうかはビミョーな情勢です。その公式サイトでさえも、プラスチック・ケースは廃止したと云います。


    Twitter

    二代目となる”SW2″は、山歩きだけでなくビジネス・シーンでも使う予定です。そのために、ウォッチフェイスは「普段用・仕事用・山歩き用」の三種類を作成しました。使ってみようと思われる方は、昨年の記事を参考になさってください。ここでは、新たに導入したカレンダー・アプリを紹介しておきます。

    Calendar for SmartWatch 2

    Calendar for SmartWatch 2
    開発元:Kodeglam Mobile
    無料
    posted with アプリーチ

    カレンダー・アプリを複数試して有料版を手に入れました。244円です。

    スマートウォッチ買うならコレがいいかも

    今回はたまたま運よく「有償交換」という手段で、”SW2″の延命を果たしました。しかし、次は保証の限りではありません。そこで、普段使いから山歩き(アウトドア)でも使えるデバイスを考察したいと思います。アウトドア・ユースを考える時、どうしても”Apple Watch Series”は避けてしまいます。防水には対応したけれど、「高価だし、傷付けるの嫌だし、高いし、」(あ、一緒か)

  • Apple Official
  • 今回は見送る代わりに、動画でも見てニヤニヤしておきましょう。本気で防水を考えるようになったみたいです。

    CASIO WSD-F10

    [カシオ]CASIO スマートアウトドアウォッチ WSD-F10RG メンズ
    CASIO(カシオ) (2016-03-25)
    売り上げランキング: 1,302

    amazon

    一番手は、昨年発売された「アウトドア・ウォッチ」を謳う”CASIO WSD-F10″です。”Android Wear”にも対応します。”SW2″から乗り換えた方も多いと思われる一方で、スマホにさえ触り慣れない方が飛びついたこともあって、「使えない」という声もよく聞きます。後継機種が発売されたことで、価格はずいぶん落ち着いてきました。丸い本体は”SW2″の正方形に比べて、とてもスタイリッシュですが、ガタイがちょっと大きい。女性の細腕には、お世辞にも似合うとは言い難い。なので、普段使いはちょっと厳しいでしょう。

    CASIO WSD-F20

    amazon

    本体内部に「アメリカ(GPS)、ロシア(GLONASS)、 日本(みちびき)」の測位衛星情報を受信するチップが内蔵されました。さらに、CASIOの誇るプロトレック・シリーズへの仲間入り。今やこの分野におけるトップランナーです。価格も5万円を下回るようになっています。しかし、その筐体の大きさに変わりありません。円形デザインでは、これ以上小さくすると地図の視認性が落ちますから。。。

    Screenshot of yamap.co.jp

    PRO TREK Smart WSD-F20活動レポート | YAMAP 登山・アウトドアの新定番

    さすがにイチオシの新機種とあって、YAMAPの活動日記でたくさんのレポートを読むことができます。参考になれば良いのですが。。。

    EPSON Wristable GPS

    amazon

    もう一機種ぐらい紹介しておかないと、CASIOさんの回しモンみたいになります。そこで、見つけたのが上記の”EPSON Wristable GPS”です。機能から見て、「山歩き」と言うよりは「トレイルラン」向きですね。ふぁんトントには、最も縁遠い存在かも。コチラの機種にも、旧機種で安くなってるのもありますから、ラン中心の方は検討の価値ありと思われ。

    SW2 with YAMAP

    と言うワケで、年後半の山歩きは再び”SW2″を相棒にいたします。では、また。

     - PC, モバイル ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    TW801
    “Kindle人気雑誌99円均一セール”で「ヤマケイ」を読んでみる

    アマゾンの電子本Kindleストアで通常1,028円の雑誌「山と渓谷」のバックナ …

    Blog Title 20160909
    アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)のデータ通信量をmineo(マイネオ)で計測実験してみた。

    サポート掲示板で気になっていた「データ通信料がかかりすぎる」という趣旨の投稿。「 …

    Blog title20161020
    アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)のデータ通信料を節約する方法

    「データ通信料を節約する」と題していますが、これはとても曖昧な表現です。携帯電話 …

    Chrome
    Googleのアップデートよどこへ行く?

    本日、Google Chromeのデスクトップ版(Windows)が、バージョン …

    QY7
    高音質なapt-X対応のSoundPEATS Bluetoothイヤホンを山歩きに連れ出してみる計画

    昨年末に購入したSIMロックフリー・スマホ(Xperia J1 Comapact …

    格安SIM
    楽天モバイルとDTI LTEの格安SIMを契約しました

    2016年を迎えるにあたり、これまでのモバイル環境を見直すことにしました。キッカ …

    Juantonto
    ご迷惑をお掛けします。

    ただ今、当サイトの記事上部にPHP のエラー・メッセージが表示されています。大変 …

    SKT01, YAMAP
    KYOCERA TORQUE SKT01とYAMAPアプリで活動日記を作成する

    YAMAP(ヤマップ)は「山登り・アウトドアの新定番」というキャッチフレーズの通 …

    Blog Title 20170506
    ストリートビュー・サミット 2017 東京への参加が整いました

    “It’s less that one week to …

    Blog Title 20161227
    「鐘の鳴る展望台」でストリートビューのマルチフロア機能を試してみる

    ※この記事では、多数のパノラマ画像をリンクしているため、ページのロードに時間がか …