ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

菅笠日記のみちを歩く

      2015/07/01

小仏峠越

龍門岳と吉野川|小仏峠越

江戸時代のヤマレコ「菅笠日記」を読んでみる

本居宣長のヤマレコ、いや、菅笠日記に興味を持ちました。
と言うより、気がついたらどっぷりと浸かってました。

http://www.norinagakinenkan.com/

本居宣長記念館

詳しいサイトがありますので、浅学な自分でも、
一通りの知識は入手できます。便利な世の中ですね。

早速、菅笠日記の原文を入手してiPadで読んでみます。
短文だし旅行記なら、簡単に読めるだろうと。

ことし明和の九年といふとし。いかなるよき年にかあるらむ。よき人のよく見て。よしといひおきける。吉野の花見にと思ひたつ。

冒頭は問題なし。
「おっ、コレなら読めるゾ」

そもそもこの山分衣のあらましは。廿年ばかりにも成りぬるを。

ムリです。万葉集の引用もあるし、早々に断念しました。

スポンサーリンク

菅笠日記の現代語訳を読む

大変ありがたいです。
現代語訳がネットで公開されていました。

http://book.geocities.jp/kunio_suwa/

現代語訳とその他の情報の頁にようこそ 諏訪邦夫

クリエイティブ・コモンズの扱いなので、自由にコピペできます。
しかも、本居宣長の足跡をマップで紹介されていて読みやすい。

これまで歩いたのは次のルートです。

 

  • 三月七日(第3日)
    萩原、吉隠(よなばり)、初瀬、多武峰、滝畑、千股(泊)
  • 三月八日(第4日)
    千股、上市、吉野入、吉野水分神社、箱屋某(泊)
  • 三月九日(第5日)
    吉野滞在、筏流し、滝、岩飛び見学、箱屋某(泊)
  • 三月十日(第6日)
    吉野で如意輪寺参詣、壺阪寺、橘寺、飛鳥の岡(泊)

 

もちろん、全区間を歩いてません。部分的です。
現代語訳からの引用と写真で振り返ります。

角屋

多武峰街道と伊勢街道が出合う辻|旅館角屋

菅笠日記 三月七日(第3日)

本居宣長が松坂を出発したのが明和九年三月五日(西暦1772年)
グレゴリオ暦に換算すると、4月の中旬頃だったようです。

今年、明和《みょうわ》九年(1772)ですが、何とかよい年であって欲しいと、古歌(御製)にいうよき人のよく見て、よしといいたいと吉野の花見を思いたちました。

桜見物にしては、ちょっと遅い出発だったようです。
三日目の三月七日には萩原(榛原)を出発して、西峠を越えて吉隠へと進みます。

吉隠川

吉隠(よなばり)川に架かる橋


与喜浦

与喜浦


原文では以下の通り。(断りのない限り現代語訳を引用します)

西たうげ角柄などいふ山里共を過て。吉隠にいたる。

吉隠から与喜浦を経て、化粧坂を下ったことが記述されていました。

けはい坂(化粧坂)という険しい坂を少し下りました。この坂道から初瀬の寺も里も目前にはっきり見わたされ、その景色は何ともいえません。

化粧坂

化粧坂|本居宣長は右手を歩いた


長谷寺

化粧坂から見る長谷寺

本居宣長が歩いた化粧坂を下って、与喜天満神社に行ってみました。

与喜天満神社

与喜天満神社

宣長一行は、長谷寺界隈を見学した後、多武峰から吉野を目指します。
途中の観光地を詳しく紹介していて興味深いです。

多武の峰から一里半というところに瀧の畑という山里があり、まさに瀧川のほとりです。また山を一つこえた谷陰で、岡から上市へ越える道とゆき合いました。

滝畑

瀧の畑(滝畑)|春日神社

滝畑から峠を越えて千股へ出た場面は、たったの二行で素っ気ない。
どうも、宣長さんは、瀧見がしたかったみたいです。

滝畑・千股間の峠越えは今は人が歩かない忘れられたルートです。
峠の名称も定かではないとのことでした。

矢立峠

矢立峠


峠に立つ道標

峠に立つ道標|弓立峠、矢立峠、青垣峠

特選コースガイドの著者(柴田昭彦氏)がここを訪問した際は、
「青垣峠」の道標のみで、北側(滝畑側)は荒れたヤブ道でした。

近年、整備されて歩きやすくなっています。

矢立峠

矢立峠から北側の道

三月八日(第4日)

立よらでよそにききつつ過る哉心にかけし瀧の白糸

「うなぎが昇ってやがて雨がふるという」滝見学に未練が相当残ったようです。

多武の峰は一点の雲もなく晴れて、今日もよい天気です。
吉野に近づいて誰も楽しい故でしょう。

同行の人たちは、もちろん吉野詣りが気がかり。
上市にはあっという間に着いたようです。

千股

千股から矢立峠を見る


千股

千股を歩く

ここまでの関連したヤマレコです。
参考にどうぞ。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-573711.html

長者伝説の古道②(榛原安田~初瀬)と與喜山・初瀬ダム – ヤマレコ

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-576397.html

多武峰街道(千股~矢立峠~滝畑)と在所道で繋ぐ芋峠古道 – ヤマレコ

三月九日(第5日)

この日における宣長一行のルートは興味深いです。
吉野を起点に日帰りのオプショナル・ツアーに出かけました。

西河

西河|隔世の感が強かった。

青根ヶ峰から西河のルートは梅の井を経由しているはずで、
帰路もこのルートを登り返していると思います。

梅の井

梅の井 石碑

西河から大滝へ向かい、そこで筏流しを見学した様子は、イキイキと表現されていて、読んでいると引き込まれます。

その後、一行は大滝から清明が滝へ。
この清明が滝とは蜻蛉の滝のことでしょう。

そもそもこの瀧を清明が瀧ともいうのは、蜻蛉《かげろふ、トンボのこと》の小野による名で、虫の蜻螟《かげろう》だと云う人もいますがそうではないでしょうね。

滝見学に未練タラタラだった宣長さんに配慮してのことでしょうか。
この間のルートを想像してみました。

地図

菅笠日記|西河での通行ルート

青根ヶ峰から尾根を辿って、道しるべ地蔵のある分岐を経て西河。
そこから時計回りで大滝・蜻蛉の滝・再び西河へ戻ったと推測できます。

道しるべ地蔵

道しるべ地蔵の分岐点

西河から道しるべ地蔵間を往復したのではないか。

下ってきた山路にかかりましたが、今朝はたいしたことはなかったのに登るのは苦しくて同じ道とは思えません。登りきって、右側の道から分かれてさらに登る山を佛が峯といい、険しい坂です。

このように表現していることから、そのことが想像できます。
確かに、急坂でジグザグに登る区間がありました。

小仏峠

仏が峰(小仏峠)への急峻な山道


そこから下る道はなだらかですが、もう脚が疲れているだけに難儀で、茶屋でしばらく休みました。

樫尾峠の茶屋を指していると思われます。
特選コースガイドによると民家や茶屋が存在したとのこと。

樫尾峠

樫尾峠

樫尾峠の茶屋で休憩した一行は、樋口を経て宮滝へ向かいます。
道路は拡幅され、トンネルに大橋。往時とは様変わりですね。

宮滝大橋

宮滝大橋

岩から岩へ渡してある橋は三丈ほどでしょうか。宮滝の柴橋と呼び、柴で編んで渡ると揺れるので、慣れないと危なっかしいものです。

柴橋付近

柴橋付近

岩飛を見学して楽しんだようです。今でもあるんでしょうか。
飛び込み禁止の看板は目につきましたが。。。

象山(きさやま)

象山(きさやま)

像と書いて「きさ」と読むんですね。
現代語訳を読んで初めて知りました。

一行はここから桜木神社を経て吉野へ戻りました。
日暮れに宿に帰り着いて、和歌を詠んでいます。

ながれての世には絶けるみよしのの滝のみやこにのこる瀧津瀬

もう一首

いにしへの跡はふりにし宮たきに里の名しのぶ袖ぞぬれける

意味は諏訪邦夫氏の現代語訳をお読みください。

この日の行程は20kmを超えているでしょう。
翌日のことを考えると、かなりキツイ。

この日に関連したヤマレコです。
参考にどうぞ。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-560464.html

旧東熊野街道・小仏峠越と幻の蝉が滝探訪 – ヤマレコ

三月十日(第6日)

本居宣長一行の旅は後半にかかります。
菅笠日記では、「下の巻」に描かれています。

吉野を発ち、如意輪寺に参詣した一行は、六田を経て土田へ。
そこでくずきりを食べます。この場面がまた面白い。

ここでそばきりという物を食べましたが、家も器もみじめできたない印象ながら、万葉にいう椎の葉よりは上等となぐさめて食しました。

菅笠日記は、当時のヤマレコだけでなく、食べログの役目も果たしていたのですね。
帰り道で壺坂の観音にお参りしました。当時は壺阪でなく壺坂と表記したようです。

ここから壺坂の観音にお参りです。平らな道を少し進んで右に分れ、山にそう道に入り、畑屋の里を過ぎ、登ってゆく山路から振り返ると吉野の里と山々がよく見える所がありました。

ここで登場するに畑屋は高野道と吉野道が出会う交通の要衝で、壺阪越のメインルートでした。明治時代に新道が開設されると衰退し、鉄道の開通で廃道となってしまいました。

畑屋越のヤマレコ


畑屋辻にある山中の田畑で分断されている状態です。
稲刈りなど収穫のシーズンは通行が困難でしょう。

残念なのは、吉野を振り返る展望ポイントが存在しないことです。
宣長の時代は今ほど木々が茂ってなかったのでしょう。

吉野を振り返り次のような和歌を詠んでいます。

かへりみるよそめも今をかぎりにて又もわかるるみよしのの里

本居宣長も見たであろう国中(くになか)の景色は見ることができました。

壺阪寺からの眺め

壺阪寺からの眺め

現代のハイキングなら壺阪寺の駅前をブラブラして終了でしょう。
宣長一行は、檜隈で古代寺院跡を見学し、さらに岡寺まで。

檜隈寺跡

檜隈寺跡

つぎに橘寺にお参りしました。川原寺の向かいにあって、一町ほどです。この寺は今も少し広くて立派なお堂もあり、やはり昔の石礎が残っています。橘という里も、この寺のすぐ近くです。日暮れになったので、岡の里に泊まります。

ようやく草鞋を脱ぎました。恐らくこの日も20kmを超えているでしょう。
しかも、峠を一つ越えています。タフですねぇ、昔の人は。

飛鳥駅

やっとこさで飛鳥駅到着

矢立峠、小仏峠、畑屋越のルートは本居宣長で繋がっていました。
次は、いよいよ九重越です。どんな出合いが待っているでしょうか。

では、また。

 - 山歩き ,

ad

ad

Comment

  1. 諏訪邦夫 より:

    諏訪邦夫です。
    私の現代語訳をご紹介頂いたことを感謝します。
    有難うございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

blog title 20170314
春から夏に向けての山歩きは「高安山」から「飯盛山」へ

高安山周辺の探索は、右手のケガにより中断することとなりました。しかし。念願だった …

松尾台地
忘れられていた古道「九重越」

新ハイキング関西の山(1995年27号)掲載の特選コースガイドで「新九重越」とし …

あじさいまつり
ぬかた園地・あじさいまつり2016年バージョン

今年も「あじさいまつり(2016.06.18~07.10)」の季節がやってきまし …

blog title 20170301
「生駒山系まるごとハイキングマップ」リニューアルのお知らせ

大阪府民の森を管理する「大阪府みどり公社」は、「生駒山系まるごとハイキングマップ …

謹賀新年
謹賀新年2016年

年賀状2016無料イラスト素材集より拝借 明けましておめでとうございます。 今年 …

Blog Title 20170501
生駒山系の春2017 Part-2

お待たせしました。2017年「生駒山系の春」Part-2をお届けします。後半のハ …

島ヶ原駅
ローカル列車の旅「正林坊山登頂記」

航空灯台跡地探索の第三回として伊賀市長田にある正林坊山を登ってきました。最近はヤ …

Blog title 20170523
初夏の生駒山系2017

季節は一気に「真夏」 しかし、朝夕はまだ涼しく湿度も低めです。好天気が連日続いて …

鳴川休憩所
生駒山系に秋がやって来た

秋晴れの快晴の下、大勢の参加者が集う「生駒チャレンジ登山大会」が行われました。こ …

Blog Title 20170221
特選コースガイドⅡ「おと越南谷道(大阪府八尾市大窪)」

特選コースガイドの第二弾は、高安山越十二道(八尾市)の中から「おと越南谷道」をチ …