ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

龍王山に残る戦前の航空灯台跡

      2017/06/06

昭和初期(昭和7,8年)になると、郵便物等の運搬を航空機で夜間に定期的に行うようになりました。
これら夜間飛行の安全に寄与したのが、航空灯台が放つ閃光だったとのこと。

航空灯台

鬼取山航空灯台(現在は近鉄生駒山無線局)


太平洋戦争の戦況が悪化するとその多くが消灯されたものの、戦後になると復活して日本の民間航空を支え続けました。やがてテクノロジーの進化により、一部を除いて各地の航空灯台は廃止・撤去されることとなり、その数少ない例外が、生駒山(鬼取山)の航空灯台だったわけです。

昨年末にその事を知るに至り、今更ながら訪問したのが次のヤマレコでした。

ヤマレコ(2014.12.6)



スポンサーリンク

昭和初期に整備された航空灯台

神戸史学会

歴史と神戸 通巻306号

「戦前の航空灯台」に関する資料は乏しいようです。
「歴史と神戸」 53巻5号(通巻306号)に次のような記事が掲載されました。

航空灯台

目次・「兵庫県内の航空灯台について」(著者・柴田昭彦氏)

記事には第一期から五期まで整備された各地の航空灯台に関する資料が詳細な別表で示されています。

http://www.kobe-sigakukai.com/nc/htdocs/

神戸史学会

交野三山縦走(交野山・旗振山・龍王山)

観音岩

交野山(観音岩)から見た旗振山と龍王山

別表の資料によると、交野市の龍王山にも設置されていたことが分かります。
山頂にある雨乞い岩の北側あたりです。

昨年9月に初めて交野三山縦走を果たしました。

ヤマレコ(2014.9.13)


交野三山縦走

生駒の自然を歩く会「交野三山縦走オリジナルマップ」

「生駒の自然を歩く会」のコースを歩きたかった。
マップは父の遺産です。以前から気になっていました。

くさか園地から北側エリアは土地勘がありません。
これまでは、気にはなっても、眺めるだけでした。

交野山

交野森林公園の山道

最近ではこの山域がかなり気に入っており、先日も2回めの交野三山縦走を果たしました。

ヤマレコ(2015.2.14)


ちと、変則ですが。

龍王山の航空灯台跡

意外にもあっさりと発見。
もっと見つけ難いかと思っていました。

航空灯台

龍王山の山頂に残る航空灯台の跡

コンクリート礎石が4つ残っていました。
鉄骨の根元も確認できます。

航空灯台

北東角のコンクリート基礎

比較的状態がイイです。
切り取られた鉄骨の根元部分が残っています。

航空灯台

南東角のコンクリート基礎

倒木の根が斜めにかかっています。

航空灯台

北西角のコンクリート基礎

ちょっと落ち葉に覆われていました。
払いのけて撮影。

航空灯台

南西角のコンクリート基礎

この礎石は土に埋まっていて、少し掘り起こしました。

基礎の結界面積からもわかるように、そんなに高い鉄塔ではなかったようです。
現在の送電鉄塔を見てもわかるように、高い鉄塔は結界も広い。

鉄塔

結界が広場のような北河内線68号の鉄塔下

当然といえば当然ですが、前述の資料には鉄塔の高さなども記載されています。

龍王山の航空灯台

航空灯台

航空灯台の跡地を南側から見る

設置年から第二期航空灯台に分類されています。

  • 設置年:昭和14年
  • 廃止年:昭和18年
  • 高さ :5.5m
  • 「木津から移転したもの」と記されています。

    増設、移設、改造、撤去を繰り返した航空灯台の数奇な運命を想起させますね。
    太平洋戦争の戦況悪化で消灯され、鉄骨は剥ぎ取られ、溶かされ、、、
    悲しい歴史です。

    まだまだある? 航空灯台の遺構

    一覧表には、遺構の現存が確認されたものに印が付いています。
    著者・柴田氏の脚注によると、『全てを網羅したわけではない』とのこと。

    探せば新たな発見があるかもしれません。
    興味のある方は、「歴史と神戸」を読んでみてください。

    バックナンバーは、神戸史学会のウェブサイトから取り寄せ可能です。

    http://www.kobe-sigakukai.com/nc/htdocs/?page_id=34

    『歴史と神戸』入手方法 – 神戸史学会

    石仏

    円通池の石仏

    今も人々に微笑む野仏、人々の記憶から消え去る航空灯台。
    どちらも人間が造り出したモノ。

    航空灯台が廃止されたのは昭和44年(1969)です。
    半世紀も経っていない。

    野仏

    野仏(国見山への尾根道にて)

    必要なくなれば、あっという間に忘れ去られるのでしょうね。
    人間の創りだしたモノは、美しく物悲しいです。

    では、また。

    その後の情報を絡めて記事をリライトしています。合わせてお読みいただけると幸いです。

    http://juantonto.wpblog.jp/onitoriyama-air-lighthouse/

    昭和の歴史遺産「生駒山航空灯台」の跡地を訪ねる | ふぁんトントのブログ

     - 山歩き ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    生駒山の自然を歩く会・第1幕

    オリジナルマップ(縮小版) 今回紹介するのは、「眼鏡山から室池へ(17)」です。 …

    山の電波地図がオープンしました。

    11月最初の三連休は自宅待機でした。天候が悪く予定をキャンセルする羽目になりまし …

    水辺プラザ
    いよいよ現実味を帯びてきた「生駒チャレンジ登山大会2015」への挑戦

    おおさか山の日プレイベントとして、「生駒チャレンジ登山大会2015(2015.1 …

    あじさい
    大阪府民の森・あじさい園(ぬかた園地)を100パー楽しむためのガイド

    あじさいまつり2016年バージョンはコチラ 大阪府民の森・ぬかた園地では、毎年6 …

    「ドルメン(大窪・山畑36号墳)」を探せ!

    八尾市の高安古墳群には、約三百基を越す横穴式石室の古墳が存在すると云います。畑の …

    松尾台地
    忘れられていた古道「九重越」

    新ハイキング関西の山(1995年27号)掲載の特選コースガイドで「新九重越」とし …

    缶バッチ
    岩湧の森20周年記念行事「七ツ道めぐり」に行って来た

    今年(2015)の5月に始まった「七ツ道めぐり」の記念行事が今月末で終了します。 …

    鳴川休憩所
    生駒山系に秋がやって来た

    秋晴れの快晴の下、大勢の参加者が集う「生駒チャレンジ登山大会」が行われました。こ …

    水落
    三角点物語”STORY”「点の記から推測する水落(すいらく)の歴史」

    三角点とは三角測量を行う上で必要な「経度、緯度、標高」の基準となるデータを提供す …

    桧峠
    目指せ、フキガッポ!

      一年ぐらい前のヤマレコ日記に、亡父の遺品に新ハイキング別冊関西の山 (初号~ …