ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

小仏峠越未公開写真(前編)

      2015/05/10

今日は雨です。

しかも連日寒くて風邪気味のため、本日予定していた「矢立峠越」の山歩きを中止しました。代わりに小仏峠越の未公開写真と小ネタ集をアップしますので、どうぞお付き合いください。

2014/12/13 旧東熊野街道・小仏峠越と幻の蝉が滝探訪

特選コースガイドはこちらで入手できます

http://www5f.biglobe.ne.jp/~tsuushin/

ものがたり通信(山ものがたり)


スポンサーリンク

では、スタート。

0927

大和上市駅に着くと、太陽と月がゴールデン・クロス。相場だと、買いサインです。幸先が良いです。

0930

大台ケ原への登山シーズンは賑わいます。この日はひっそりしていて、待合室もガランとしていました。

0932

湯盛温泉杉の湯行きのバスはご覧の通り貸切状態。前方でお客さんと運転手が楽しく談笑。のどかな風景ですね。

祠の右側の道
0940

「エライところへ来てしまった。」

西河に着いた最初の感想でしたが、この祠を見て少し落ち着きました。右側の道は狭く、人が一人通過するのがやっと。

辻と旧道
0943

ガイド通り狭い道を抜けると、四つ辻にでました。正面をまっすぐにも行けそうですが、奥の民家が気になります。

墓地
0958

古道の入口には墓地がありました。

「船型光背に半肉彫のお地蔵さんに見送られ」

ヤマレコではこのように表現しましたが、最大ズームで撮影しました。ちとピントが甘いです。

山火事?
0967

すぐ明瞭な山道になりました。気になったのは、黒焦げの倒木が目立つこと。

礫石の多い道
0974

倒木や伐採で刈られた枝の多い山道ですが、藪こぎなどはなく歩きやすい道でした。大きな礫石が散在していて、迂闊に踏むと滑ります。

分岐ポイント
0978

間違えて直進した分岐ポイントです。少し広くなっていたので、植林作業時の休憩場所かもしれません。このポイントを地図でおさらいしておきましょう。

地理院地図
map01

西河から樫尾峠周辺は地図が不正確です。地形図には全く道が表記されていません。GoogleMap、Yahooロコ地図、山と高原地図、どれを見ても不明瞭で、航空写真ありません。赤いギザギザの線がGPSログの軌跡を重ねたモノ。黄色が小仏峠越の古道です。

青い上矢印の地点が分岐で、注意が必要です。

特選コースガイドの手書き地図
map02

このポイントはガイドの地図には記載があります。破線で描かれていますね。

迷い込みそうになった植林帯
0988

手書き地図の情報がなければ、植林帯を強引によじ登ったかもしれませんね。

小道具登場
1309

道しるべ地蔵のある分岐まで来ました。

ちょっと小道具を紹介します。今年は色々と寿命の尽きた道具がありました。その一つがデジカメ(コンデジ)。2012年8月に購入したLumix DMC-SZ7がお陀仏。後任にFujifilm Finepix XP70を購入しました。ここ一ヶ月ほど使用していますが、概ね満足です。機種固有の特性にそろそろ慣れてきました。ついでにレビューしておきましょう。但し、この機種はすでに生産終了。在庫限りの販売です。

FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ XP70Y イエロー F FX-XP70Y
富士フイルム (2014-02-22)
売り上げランキング: 14,317

2015.04.30現在在庫あり

予備バッテリーを購入しても2万円ぐらいで入手可能です。この機種を選んだ最大の理由は、低価格にありました。

次に、良いところとイマイチなところ。

良い所は、第一に価格ですが、ソレ以外にも、この価格で防水・防塵・耐衝撃対応だということです。光学ズームは5倍と控えめですが、十分な性能でしょう。墓地のお地蔵さんの写真で見比べてください。ヤマレコでは最大ズームの写真をアップしています。

次に、軍手などの手袋をしていても、全ての操作が可能であること。これは嬉しいです。手袋を外すのはメンドイです。電源オンから起動が早いです。体感上は、個人差があるかも知れません。

最後にバッテリー性能ですが、自分的には十分です。一応、予備バッテリーは購入しています。動画撮影やWiFi機能などを使うと余計に電力を消費します。ただし、自分は一回の山歩きで平均350枚程度撮影します。100~200枚程度の撮影なら、予備は不要でしょう。イマイチなところは、筐体がデカイこと。

左、Finepix XP70 右、Lumix DMC-SZ7
1316

厚みと高さ
1317

XP70はインナーズーム
1318

重さも明らかに違いがわかります。インナーズームで飛び出さないのは利点でしょう。サイズ以外に気になるのは、手ブレ補正が控えめであること。これは、メーカーの味付けによる違いでしょう。廃道、古道歩きで藪こぎでカメラにダメージを与えますので、防水・防塵対応で、この価格。性能は十分魅力的です。サイズがデカイことは、この際、我慢します。

手ブレを防ぐ小道具として、こんなもの買いました。
1319

以前から一脚兼用のトレッキングポールがほしいなと思っていました。サンワサプライからグッドな商品が発売されています。

レビューを見るとあんまり評価が高くないし、結局、別途雲台を用意する必要がありそうです。

そこで、購入したのがコレでした。

早速、活用してみました。

道しるべ地蔵を簡易一脚で撮影
1310

縦でもオーケー
1328

コレの良い所は自由雲台が付いているので、向きや角度を自由に設定できるところです。普段使いのトレッキングポールが、一脚に早変わり。ココぞと言う時に手ブレを防ぐことが可能です。

ヘッデン
1320

GENTOSのヘッドライトを昨年購入したのですが、一度も使ったことがありませんでした。石造物の陰影を浮かび上がらせるテクをやってみました。暗い場所の撮影でも使えるかもしれません。

1012

45ルーメンのヘッデンでは少しムリがあったようです。

1015

見えにくい碑文などを浮かび上がらせる効果はあるようです。山から帰ると早速、LEDフラッシュライトを物色しまた。自転車でも使うことを想定して購入しています。

1324

ついでに、こんなものも。

1326

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)
UNICO(ユニコ)
売り上げランキング: 40

手の届かないところも、これで照射できますよ。グリップの近くにつけて、足元を照らすことも可能。

明るさ比べ
1321

左が45ルーメンのヘッデン、右が150ルーメンのフラッシュライトです。これで、石造物の撮影に使えるでしょうか。次回やってみます。かなり脱線しましたので、未公開写真の続きは後編にて。

 - 山歩き ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

山ノ神(辨財天龍王)
「飯盛山」- 新たなチャレンジが始まった!

「飯盛山の古道を歩く計画」は今年1月31日のヤマレコで、「北条古道」を無事に歩き …

島ヶ原駅
ローカル列車の旅「正林坊山登頂記」

航空灯台跡地探索の第三回として伊賀市長田にある正林坊山を登ってきました。最近はヤ …

水辺プラザ
いよいよ現実味を帯びてきた「生駒チャレンジ登山大会2015」への挑戦

おおさか山の日プレイベントとして、「生駒チャレンジ登山大会2015(2015.1 …

小仏峠越未公開写真(後編)

天候は回復しましたが、体調はイマイチです。夜中に咳が止まらず、熱ッポイですね。 …

出店橋
生駒の古道・精華町最高峰「嶽山(259.5m)」の登頂に成功する

昨年(2014)刊行された「生駒の古道(生駒民俗会著)」(以下、本書と言います) …

今年最後の山歩き

今月20日頃からイマイチだった体調が最悪なことに。 と言っても、23日には予定通 …

blogtitle20161231
2016年最後の山歩き

今年最後の山歩きは、生駒山系で最も標高の低い「花岡山(標高54m)」から最大規模 …

おと越
八尾市の公立中学校で給食が始まった

八尾市内にある15校の公立中学校で「選択制の給食」がはじまりました。「八尾市立中 …

blog title 20170301
「生駒山系まるごとハイキングマップ」リニューアルのお知らせ

大阪府民の森を管理する「大阪府みどり公社」は、「生駒山系まるごとハイキングマップ …

Blog Title 20161213
冬季の里山探索は「飯盛山」から「高安山」へ

2016年前半のハイライトは「飯盛山の全ルートを歩く計画」でした。夏の暑い時期は …