ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

小仏峠越未公開写真(後編)

      2015/04/30

天候は回復しましたが、体調はイマイチです。夜中に咳が止まらず、熱ッポイですね。

それでは、今回の元ネタを再掲して始めます。

2014/12/13 旧東熊野街道・小仏峠越と幻の蝉が滝探訪

特選コースガイドはこちらで入手できます

Screenshot of www5f.biglobe.ne.jp

ものがたり通信(山ものがたり)


スポンサーリンク

道しるべ地蔵の右側の山道
1018

いきなりピンボケです。ホントはこの写真をヤマレコにアップしたかった。ピンボケの原因は、起動直後のAuto Focusに難があるようです。カメラ自体に問題があるわけでなくて、使い方に難ありです。

小仏峠にて上空を見上げる
1048

旧小仏峠から小仏峠へと歩いている間、小雪がパラパラと降ってきました。小仏峠でカップラーメンを食べていると、温かい陽射しが一瞬だけ出てきました。

自然林にホッとする。
1067

小仏峠から北側一帯は植林で薄暗く殺風景です。ようやく見た自然林にはサルノコシカケでしょうか。倒木にもへばりついていたので、ストックで突いてみるも、カチカチに固化してビクともしませんでした。

左方向に谷を刻む
1080

確かに左右から谷筋。急斜面に突き上げています。
「山伏谷」のプレートが割れて落ちていました。

展望ポイント
1106

「思わず快哉を叫びたくなる」と紹介された風景です。山名が同定できないのが悔しいですね。山名がわからないので、鉄塔を見て楽しみました。紅白の男鉄塔が女鉄塔に挟まれています。まさに両手に花。羨ましい。

展望ポイントから吉野川を見る
1107

樫尾発電所から北へ蛇行する吉野川を見下ろしますが、手前の木々が少しジャマをするのが残念です。

峯の山神から
1136

小ピークからみた円錐形の山は竜門岳でした。ここから道が少し荒れていて、「これでいいのか」と一瞬戸惑う。

樫尾峠
1151

五社峠道の林道と谷山林道が交差する地点です。自然石の道標がかつての賑わいを物語ります。

樫尾峠の石造物
1156

吉野川沿いでは、このような石碑をよく見かけました。峠には茶屋や民家があったそうです。

蝉が滝の撮影は命がけ
1169

滝壺まで近づこうとして、石の上で滑りました。横に伸びた根っこで後頭部を打つ、いや守られました。

林道奥手に伸びる階段
1186

周辺地図は全く曖昧です。というか正確ではありません。林道はここから東側の谷筋へ蛇行していますが、地形図ではまっすぐに破線道が描かれていて、実際とは大きく乖離していました。

map3

かつては、先ほどの階段から道が伸びていたのでしょうか?土砂崩落で地形が大きく変わったのかもしれません。

トンネル入口
1195

林道をたどると、眼下に中山トンネルの北口に出ました。ここまで来ると民家がチラホラ。

宮滝大橋
1201

橋向こうの山裾に菜摘の集落。空はどんよりと曇り空。

『少し下に樫尾の茶屋あり。それより三丁程過ぎ夏箕なり』
(夏箕=菜摘)

松尾芭蕉が読んだという「吉野山一人案内」の一節です。

樋口バス停
1202

スマイルバスの運行日に注意です。
諦めてのんびりと歩きましょう。

お地蔵さん
1203

歩いていると、祠をよく見かけます。全部見ていると時間が足りません。水子供養と新しい感じの石仏は、ピントが甘いのでヤマレコでは不採用にしました。じっくり見ると、フォーカスは右の石仏にあるようです。前垂れの下が気になります。

地蔵祠
1204

祠後方の景観が気に入りました。吉野川の向こうに、宮滝の三等三角点(403.75m)があります。いつか行ってみたいと思っています。

柴橋から見る吉野川
1209

川幅が狭くなり、流れが荒々しい。見事な景観です。

水流による浸食
1226

柴橋から河原に降りてみました。

急流により削り取られた岩。
1227

本居宣長が見たと言う景観でしょうか。「落ちれば死ぬなぁ」と独り言。

吉野離宮顕彰碑
1229

意外と新しくて、昭和三十年の銘がありました。

象山(きさやま)
1238

一帯は宮滝遺跡となっていて、説明板がいくつもありました。正面に象山(きさやま)が見えます。登山ルートはあるのでしょうか? 三船山、樫尾山など登ってみたい山がいくつかあります。

一等水準点1552
1248

吉野川沿いに一等水準点が点在しています。地下に埋設するのは、毀損を避けるためで、水準点の多くが地下化されているようです。1552はマンホール状の蓋が重くて開陳できません。柱石を拝めないのがとてもザンネンでした。

県道39号(五条吉野線)
1257

遠くて近きは男女の仲、
近くて遠きは田舎の道。

三角点を探す
1260

鉄塔の足元に四等三角点(南樽井 181.71m)があります。点の記では、民家の庭を通り抜けていました。

吉野線2号鉄塔
1262

一般人の自分が真似をすると住居不法侵入です。ぐるっと回りこんで三角点を訪問しました。

左室の地蔵祠
1267

風化の激しい二尊仏です。手ブレがとても残念でした。

大名持神社
1274

妹背大橋を渡ると立派な鳥居が目に飛び込んできました。しかhし、時間がなく遠目に通過することに。

上市尋常高等小学校跡
1286

この界隈は見どころがいっぱいです。もっとゆっくり歩いてみたかったですね。

澤井寺
1288

矢立峠越を歩く際は、この道を東進します。少しぐらいは寄り道できるかもしれません。
その前に、早く体調を良くしなくては。ゴホゴホ言ってる場合ではない。

では、また。

 - 山歩き ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

山の電波地図がオープンしました。

11月最初の三連休は自宅待機でした。天候が悪く予定をキャンセルする羽目になりまし …

河内越
河内越探訪その3

河内越の道は大和側の呼び名で、大阪側は檪原(いちはら)越と言うらしいです。 水呑 …

ほしだ園地
2016年の春シーズンは「桜」じゃなくて「ツツジ」三昧でした

春は花見のシーズン、山歩きをしていると嫌でもたくさんの花を見かけます。殺風景だっ …

下峠からの古道を歩く「学文峰と井谷ノ峰」

新ハイキング関西の山(1999年44号)の特選コースガイドで紹介された「静かな尾 …

Cardboard
自分で撮影した全天球パノラマ写真をGoogle Cardboardで見せたらバカ受けした件

山歩きの楽しみの一つに「写真撮影」があります。苦労して見つけた石仏や遺跡、季節ご …

Blog 20161028
「第3回へぐり歴史絵地図Deスタンプラリー」に行ってきた。

当ブログで紹介した「第3回へぐり歴史絵地図Deスタンプラリー」に参加してきました …

あじさい
大阪府民の森・あじさい園(ぬかた園地)を100パー楽しむためのガイド

あじさいまつり2016年バージョンはコチラ 大阪府民の森・ぬかた園地では、毎年6 …

blog title 20170601
府民の森・なるかわ園地「らくらく登山道」のご紹介

らくらく登山道は、らくらくセンターハウスから、神津嶽休憩所までの約2.7kmのハ …

磨崖線刻宝篋印塔
宝篋印塔の謎に挑む。~長者伝説の古道~

2014.11.15撮影 2014年11月に長者屋敷越の古道を歩きました。 20 …

Blog title 20170704
本格的な夏到来の生駒山系2017

ジメジメした梅雨空、台風、バテバテの山歩き、、、etc. ついに夏本番を実感でき …