ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

雪の巡視路歩き

      2015/04/03

今日は全国的に雪です。
先週末も雪でした。おかげで予定が大きく変更になりました。
もうぐちゃぐちゃです。
それでもめげずに山歩きはしてました。
足元が悪いと予想してショートコースの足慣らし程度に留めて、
祭日の11日に、あらためてガッツリ登ろうと計画。
しかし、計画倒れに終わりました。ガックシ。
中1日でしたが、体力的というより気力の問題ですね。
ショートコースは悩んだ挙句、立石越から久安寺・福貴畑と周り、
水呑さんから下山する周回コースにしました。
ついでに、前回見つけた鉄塔60号の正規ルート探しです。

スポンサーリンク

map_0209_01
(地図1)

地図の青いルートが前回歩いたところで、61号から60号への
巡視路です。畑を抜け途中のため池から急斜面に取り付いて、
尾根道に合流します。鉄塔60号と反対方向に進めば、生駒縦走道に出るはずです。
今回は、鉄塔60号側から尾根道を目指しました。
(上記地図の柿色ルート)

map_0209_02
(地図2)

それともう一つ。
前回、鉄塔60号から先の道で見つけた火の用心に記されていた「P地点」の確認です。
逆側から向かうので、出口と予想される分岐から侵入してみるつもりです。
地図2の☆印の地点です。
上記2点が今回のお楽しみ。自分的にですが。

出発は遅めでパン一個とバナナに熱いお茶の水筒だけという軽装備。
ですが、前日の天候を考えて簡易アイゼンを持って行きました。
コレ、大正解でした。持ってなければ帰ってこれなかったかも。
いつものように、心合寺山古墳の学習館に自転車を駐輪し、足拵えをして出発。
曇ってはいますが、時々太陽が顔を出していて、まぁまぁの天気。
ただし、雪解けで足元はぬかるみです。
歴民前の車道を真っ直ぐに南下して、服部川駅方面へ。
すると、前から地図を片手に歩いてくる人たちと大勢スレ違いました。
みなさん地図に気を取られて、前を見ていない。
こちらが避けないとぶつかりそうでした。
そんなに面白い地図なのか? 地図好きの自分としては気になるところです。
おそらく、どこかのウォーク・ラリーかなんかでしょう。
立石越のハイキングコースに差し掛かると誰も歩いていません。
最近人気無いですね。このコース。
楓のコバを過ぎると雪がかなり残っていて、ケモノの足あとがくっきり。
この季節なのにスカイライン手前では笹が覆いかぶさっています。

立石越HC
生駒縦走道から久安寺への広い道を進むと、スカイラインを越えたあたりで早速鉄塔が見えます。
道沿いにある鉄塔が阪奈線鉄塔58号です。左右に鉄塔群がよく見えます。
T58

鉄塔の向かいがチトセ山荘で、脇から巡視路が下っています。
火の用心が木の影に立っていました。

火の用心1

久安寺の貯水池に通ずる道でもありますが、足跡がなく誰も歩いていません。
こんな雪の日に巡視路歩きするバカはいないでしょう。(あ、オレか)

巡視路T60

久安寺の貯水池に着きました。いつ見ても広い畑です。雪景色です。

久安寺
ピーク上の鉄塔59号が見えます。鉄塔の奥には三角点が設置されています。
昨年訪問したので、今回はパスです。

T59
鉄塔はフェンスに囲まれています。ここには火の用心があって、次の60号を指示しています。
そして問題はここから。農道を緩やかに下るとほぼ正面に次の鉄塔が見えます。
問題というのは、次の鉄塔もピーク上にあり、西側から行くのか東側から行くかです。
初めてなら、西側からアプローチするかもしれません。近くまで道もあります。
前回逆側から来てるので、迷わず東側へ回りこみました。地図2のルートです。

火の用心2
そして、ここが巡視路への分岐です。P地点から右折した先の出口と予想する場所です。
分岐☆

途中まで舗装路ですが、竹林の入り口から地道となります。
誰も歩いてなくて、日陰なので雪が積もっています。
進みかけたところで、ズルズルと滑って逆戻りしました。
ストックをピッケルモードに変えて強引に登りました。

巡視路60_1

倒竹の嵐です。ルートを完全に塞いでいます。仕方なく斜面を登って迂回しました。
潜るのも乗り越えるのも不可能です。

巡視路60_2

前回降ってきた巡視路と合流しました。P地点と予想する場所です。
しかし、どう見てもP(駐車場)には見えませんね。竹を刈りこんで広場のようですが、、、
しかも、雪で様子がよくわかりません。

巡視路60_3
この辺り分岐のようですが、雪もあってよくわかりません。やはり、先ほどの合流点が
P地点だと思います。

巡視路60_4

火の用心の場所は分岐ではありませんが、すこしあたりを探ってみました。
ですが、やっぱ、雪でワカラン。道が伸びてるようにも見えるのだけど、、、
火の用心3
鉄塔60号に着きました。雪が深くて今日は鉄塔の下へは行けませんでした。
ここからかなり雪が深くなってきました。尾根道はみつかるでしょうか。

火の用心4
結局、尾根道と巡視路の分岐する付近は通りすぎてしまい、見つけることはできませんでした。
ここからの巡視路は急激に下っており、まさに罰ゲームです。
簡易アイゼンを装着して、ゆっくりゆっくり降りて行きました。

巡視路61_1
下り坂の終着点にため池があります。ここで滑ると、池に落ちます。
脇にあった火の用心にしがみついて暫し休憩。慎重に下りきりました。
巡視路61_2
(2014.02.09歩く)

結論。
周回コースとしては面白いですが、こんな日に歩く道ではありませんね。
そして今日は、、、
夕方になって、雪から雨に変わりましたが、しばらく雪は残るでしょう。
このぶんだと雨がやんでも、道はぬかるみだらけで歩きにくそうです。
さらに、、、
日曜日の山歩きはドロドロのじゅくじゅく覚悟ですね。
クスブッてても仕方ないので、額田の旧ハイキングコース探しに行ってきます。

 - 山歩き , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

クリップ
山スマホ;Rugged-Smartphone「KYOCERA TORQUE SKT01」をフィールド・テストしてみた

KYOCERA TORQUE SKT01(SIMロック・フリー)が安かったので購 …

M414
山歩きで「ヒザ痛」に悩む方に贈る「ニーラップvsニーストラップ」

歯痛、腹痛、腰痛、、、とどんな部位であれ、痛いところがあれば日常の生活に影響し、 …

blogtitle20161231
2016年最後の山歩き

今年最後の山歩きは、生駒山系で最も標高の低い「花岡山(標高54m)」から最大規模 …

一等三角点
生駒山上遊園地の営業が再開すると春がやってくる

生駒山上遊園地はその名のごとく標高642mの生駒山の山頂部にある遊園地です。開園 …

八丁岩
生駒山系の巨石遺構

生駒山系の山歩きでは、季節ごとに変わりゆく風景、色彩豊かな植物、歴史を感じる石造 …

河内飯盛山
飯盛山の古道を歩く計画

飯盛山は駅前から手軽に登れる里山(標高314m)として人気のハイキングコースです …

Blog Title 20170620
あじさい開花情報2017

今年も「あじさいまつり(2017.06.17 – 2017.07.0 …

生駒チャレンジ登山大会2017
今年はどうする?「生駒チャレンジ登山大会2017」

第9回、第10回と二年連続で参加した「生駒チャレンジ登山大会」 春先に行われる「 …

八丁岩
北田原の名勝地「八丁岩(田原砦遺構)」を訪ねて

大阪府交野市にあるゴルフ場「きさいちカントリークラブ」の南端は、奈良県生駒市北田 …

Blog title 20170523
初夏の生駒山系2017

季節は一気に「真夏」 しかし、朝夕はまだ涼しく湿度も低めです。好天気が連日続いて …