ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

山歩きの雑談

      2015/04/03

このところ寒い日が続いていますね。
ですが、山歩きしてると陽射しは確実に春です。
冷たい空気に陽射しが心地よいです。
前回ブログを更新してから2回山歩きしてきました。

スポンサーリンク

2014/3/1 生駒山系・「阪奈線巡視路歩きと裏の谷磨崖仏探索」

2014/3/9 生駒山系・「車谷水車道~鷲尾山~中倉水の神~枚岡梅林」

いずれも廃道や巡視路等、ハイキングコースでないところを歩いています。
興味のある方は御覧ください。一般向けではありません。
倒木や道崩れがあってもすぐには補修されないので、それなりの覚悟が必要です。
というか、そのような難所を乗り越えるのが醍醐味なんですけどね。
歩くと意外な発見もあります。

その1 額田廃ハイキングコース
map1
(地図1)

地図1のルートです。
雪の日と合わせて2回歩いて様子がわかりました。
入口付近が不明瞭ですが、ヤブを抜けると忽然と道が現れます。
額田HC1
入口付近

地図でも道が分かれているように、入り口から道が上下2段になっています。
下側を突っ込んでください。10メートルも進めば視界が開けます。
額田HC2
ルート

まるで「千と千尋の神隠し」の世界です。
登り切ったところが鉄塔の巡視路なので、慣れないと迷うでしょう。
今年の「あじさい祭り」はこのルートで決まりです。
その2 峯垣内・裏の谷磨崖仏
詳しくは、「石仏の辻」サイトへ誘導するとして、
「きっと険しい場所」という先入観が強すぎて、
相当覚悟して突入したのですが、意外と簡単。

磨崖仏route
倒木のルート(帰路に撮影)

大雪による倒木と倒竹がルートの最大障害でしたが、
なんとか迂回して無事にご対面できました。
磨崖仏
峯垣内 裏の谷磨崖仏

残念なのは、せっかく訪問したのに雨足が強くなって、
長居できなかったことです。美の谷と合わせて再訪します。
五股
五股分岐

しかし、この真ン中のがルートだとは思いませんでした。
てっきり自然の浸食で道状になっているものだと。
突入すると確かに道でした。しかも明瞭な。
進むとため池がありました。地図にも小さく載っていますね。
かつては檪原トンネル南口まで一帯が田畑だったようです。
このため池はその水源でしょう。

ため池
途中のため池

map2
地図2(磨崖仏付近図)

現在の磨崖仏は人跡未踏の地と成り果てていますが、
かつては朝な夕なに、農作業の合間に手を合わせていたのでしょう。

その3 水の神・中倉さん
中倉
生駒川源水(中倉さん)

2月23日に参加した「ウォーキング娘」で初めて訪問しました。
車谷・水神宮と合わせて再訪問しました。
まさに「水」尽くしです。
改めて「水」の大切さを実感しました。
23日は全く気が付かなかったのですが、石碑前に着くと
水の音が聞こえました。手前の沢は全く干上がっていますし、
雪もすっかり消えてなくなっているのに不思議です。

源水
ご神体と源水

樹の根元から水が湧き出ていました。音の発生源はココです。
まさに命の水です。生駒山系で湧き水は珍しくありませんが、
ここではなんか感動しました。
水が湧き出るときに発するサウンドに癒されます。
今日は静寂そのものです。
前回は、オバハンの、、、イヤ参加者のざわめきでかき消されてました。
それぐらい繊細なサウンドなんですよ。静かに鑑賞しましょ。

中倉2
中倉さん後方

振り返って上から見ると、右下の小さな石がご神体なら、
左の木はご神木ですね。
ついでに言うと、ここから先の斜面のマーキングを追うと、
近鉄の鉄塔巡視路に合流できます。さらに鷲尾山(生駒北峰)まで。
分岐
合流付近(上、2/16、下、3/9)

雪の日に見つけた、分岐もどきはやはり中倉さんに通じていました。

尾根
尾根道

この先に鉄塔14号があります。
ただし、この巡視路ルートはあまりおすすめではありません。

理由は、
関電さんほど頻繁に使われないためか、
あまりにマニアック過ぎて
誰も利用しないためか、少し荒れています。
迷うほどではありませんが、藪こぎもあります。
眺望もない。ひたすら歩くだけ。
鉄塔がショボい。
登りついた場所が廃墟群で気持ち悪い。
と、まぁいろいろあります。勝手な理由ですがね。
そもそも歩くほうが間違ってるわけでして、、、
次に面白くない発見もありました。

廃公園
廃公園

コレ、何でしょう。廃道ならぬ廃公園です。
昔の車両にブランコや遊具もありました。
場所は前述の廃墟群から少し下った地点です。

吸殻
たばこ

吸い殻は自分で持って帰ってください。山火事の原因になります。
とういか、人のいる場所でタバコ吸うな。受動喫煙も健康被害の一因です。
ヤマレコに書きましたが、しつこく訴えます。タバコ捨てるな。

工事
工事現場

堰堤の工事ですが、道が作られているようですね。
工事が終われば、もとに戻すのか、それとも管理道と
接続するのか興味があります。
面白く無いのは、元々ルートがあったようで廃道区間です。
地図にはずっと掲載されていますが、歩けませんでした。
立派な道よりも山道を整備してほしいものです。

map3
地図3

鷲尾山から枚岡梅林まで舗装された道を歩きすぎて、
足が痛いです。なにげに腰も痛い。
ちょっとぐらい危険でも山道がいいです。
無理な注文でしょうか。

梅林1
梅林2
梅林3
2014年3月9日に撮影した枚岡梅林です。

次の週末は5年ぶりの泉州のお山です。
楽しみです。

 - 山歩き

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鳴川休憩所
生駒山系に秋がやって来た

秋晴れの快晴の下、大勢の参加者が集う「生駒チャレンジ登山大会」が行われました。こ …

八丁岩
北田原の名勝地「八丁岩(田原砦遺構)」を訪ねて

大阪府交野市にあるゴルフ場「きさいちカントリークラブ」の南端は、奈良県生駒市北田 …

山頂
旅の思ひ出「薩摩富士・開聞岳(1999)編」

旅の思い出は「山歩き」で締めくくりましょう。父と一緒に最後に登った山、薩摩富士「 …

Blog Title 20161021
生駒山系のイベント情報・2016秋シーズン

紅葉シーズンに向けて生駒山系のイベント情報をピックアップしてお届けします。 20 …

水落
三角点物語”STORY”「点の記から推測する水落(すいらく)の歴史」

三角点とは三角測量を行う上で必要な「経度、緯度、標高」の基準となるデータを提供す …

blog title 20160831
昭和の歴史遺産「生駒山航空灯台」の跡地を訪ねる

昭和初期(昭和7年~8年頃)になると、郵便物等の運搬を航空機で夜間に定期的に行う …

Blog title 20170424
生駒山系の春2017 Part-1

2017年「生駒山系の春」は、桜を長く楽しめました。後半の春便りは2部構成でお届 …

blogtitle20161231
2016年最後の山歩き

今年最後の山歩きは、生駒山系で最も標高の低い「花岡山(標高54m)」から最大規模 …

Blog Title 20170124
「横小路道」- 「高安山越十二道」は『探索』から『整備』へ

二度目の冬を迎えた「高安山越十二道」の探索、横小路道の雌滝・雄滝の見学を無事に終 …

Cardboard
自分で撮影した全天球パノラマ写真をGoogle Cardboardで見せたらバカ受けした件

山歩きの楽しみの一つに「写真撮影」があります。苦労して見つけた石仏や遺跡、季節ご …