ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

美の谷訪問記その1(前編)

      2017/07/14

平群谷

平群谷・平成三年|平群町教育委員会

平成三年に平群町教育委員会が刊行した冊子を参考に、美の谷を訪問してきました。
美の谷とは現在の平群町檪原にある地域で、巳の方向(南東)に広がる谷の形状から、このように呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

シャレたネーミングですね。巳は蛇のことですから、美と置き換えたほうが、見た目も良いです。
前述の冊子では多数ある平群町の石仏群を地域別に紹介するもので、地図もついています。

序文によると、

「(前略)ハイキングの友となる冊子の刊行を計画致しました。」

とあります。これは、活用しない手はありませんね。
ただし、情報は古いです。平成三年刊行ですからね。
では、参りましょう。

心合寺山古墳学習館

心合寺山古墳学習館の駐輪場

休館日の心合寺山に自転車をデポして出発です。前日にタイヤを両輪とも交換して快調です。
先日、下見した檪原越(河内越)で行きます。

Screenshot of juantonto.wpblog.jp

河内越探訪その3 | ふぁんトントのブログ

実際、このエントリーの続きとなります。

六丁石

六丁石|水呑地蔵尊参道

最初は水呑ハイキングコースを登っていきます。
この丁石、多分位置が変わっています。
ただ、このあたりから勾配がキツクなります。

河内越

檪原越(河内越)との分岐

石標には左、いちはら村とあります。
美の谷のある檪原への古くからある道です。

笹ヤブ

ため池沿いの道|笹ヤブ

入ってすぐに池沿いに進みます。

フェンス

ため池沿いのフェンス

右はフェンス、左は背丈以上の笹が茂る狭い道を進みます。

石垣

コンクリートの石垣

草刈りがされているので、ヤブ漕ぎはありませんが、
ちょっと不安感のあるルートです。
以前はここまで辿り着くのが不可能なぐらい荒れてました。

マーキング

対岸のマーキング

先ほどの石垣を降りて対岸に渡るとマーキングです。
ここから前方のヤブに突っ込むのではありません。

斜面

マーキングから斜面を眺める

さらに上方の斜面に土嚢が積み上げられています。
そこまで、よじ登ってください。

斜面の道

後方の様子|振り返って撮影

右岸の斜面上に踏み跡がありますので、
滑らないように注意しながら進みます。

堰堤

堰堤を上流側から眺める

ほとんど土砂に埋まった堰堤を越えていきます。
左手には古い石垣があって、古道が現れます。

古道

現れた古道

石垣を一段さがったところに道があります。
草で分かりにくいですが進むと踏み跡が確認できます。
この辺りも草刈りされています。

ルート

草刈りがされたルート

倒木などありますが、ヤブ漕ぎの必要はありません。
右岸沿いのルートを進みます。

石垣

古い石垣を発見

左手の斜面側には石垣です。石積みの様子から、
かなり古そうな感じです。

測量

測量の痕跡

最近、測量でもされたのでしょうか?
何かのマーキングです。
堰堤工事とかだと困りますね。

崩落

崩落箇所

恐らく一番の難所でしょう。
倒木の向こう側が崩落しています。
足元に注意して、慎重に乗り越えましょう。

ロープ

木に設置された黄色のビニール・ロープ

左手の木から、ビニール製のロープが垂れ下がっています。
最初、マーキングかと思いましたが、
どうやら、右下の川底へ降りるための補助ロープです。

堰堤

堰堤

再び堰堤が見えてきました。
今度は大きいです。
堰堤の手前からつづら折れで登ります。

笹のトンネル

笹のトンネルを通過

笹のトンネルを抜けて進みます。
まもなく水呑自動車道と合流するようです。

合流

水呑自動車道と合流

合流直近のルートは道が細くて滑りやすい。
側溝なども横断するので、慎重さが必要です。

ガードレール

ガードレールに書き込まれた文字

河内越の大阪側は自動車道で分断されています。
フェンスの向こうに明瞭な道がありますが、
河内越の続きは擁壁沿いに進みます。

河内越

道路向こうに河内越の続き

ここも以前はヤブ漕ぎが必要でした。今は、スイスイ通ることができます。
ここからは、ほとんどハイキング道です。幅広の道が信貴生駒スカイラインまで続きます。

美の谷まで河内越でのんびりとハイキングです。

美の谷

櫟原|美の谷を遠望する

この続きは後編にて。

スポーツ&アウトドア : バイヤーおすすめアウトドア用品 : 登山・クライミング

 - 山歩き , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

下峠からの古道を歩く「学文峰と井谷ノ峰」

新ハイキング関西の山(1999年44号)の特選コースガイドで紹介された「静かな尾 …

あじさいまつり
ぬかた園地・あじさいまつり2016年バージョン

今年も「あじさいまつり(2016.06.18~07.10)」の季節がやってきまし …

小仏峠越未公開写真(前編)

今日は雨です。 しかも連日寒くて風邪気味のため、本日予定していた「矢立峠越」の山 …

明神山
関西ハイク山友(やまとも)会への御礼

関西ハイク山友会は、「新ハイキング関西の山」が廃刊となったことに伴い、平成23年 …

河内越
河内越探訪その3

河内越の道は大和側の呼び名で、大阪側は檪原(いちはら)越と言うらしいです。 水呑 …

角屋
菅笠日記のみちを歩く

– 江戸時代のヤマレコ「菅笠日記」を読んでみる 本居宣長のヤマレコ、 …

Blog title 20170523
初夏の生駒山系2017

季節は一気に「真夏」 しかし、朝夕はまだ涼しく湿度も低めです。好天気が連日続いて …

Blog title 20160914
LEDフラッシュライト対決!「GENTOS閃SG325/335 vs カタログスペック”1300ルーメン”パチモンライト」

ここ数日残暑は残るものの季節は確実に秋へ向かおうとしてます。これからは毎日少しず …

Blog Title 20161213
冬季の里山探索は「飯盛山」から「高安山」へ

2016年前半のハイライトは「飯盛山の全ルートを歩く計画」でした。夏の暑い時期は …

Cardboard
自分で撮影した全天球パノラマ写真をGoogle Cardboardで見せたらバカ受けした件

山歩きの楽しみの一つに「写真撮影」があります。苦労して見つけた石仏や遺跡、季節ご …