ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

生駒山の自然を歩く会・第1幕

      2015/04/03

map17
オリジナルマップ(縮小版)

今回紹介するのは、「眼鏡山から室池へ(17)」です。
実施日は不明ですが恐らく1994年5月ごろでしょう。
マップを片手に最初に足を踏み入れたのは昨年でした。

スポンサーリンク

2013/07/06 生駒山系・「妙見の瀧~目賀根・雀河原・南野の各三角点~山麓公園」

タイトルが長い。。。ご容赦を。
室池園地へ人生で初めて足を踏み入れました。
ちと、舞い上がっていました。

GPSのログ取得に失敗して途中からになっていますね。
弁財天の滝や長尾の滝に飽きて、生駒十瀑と称えられる名勝・妙見の滝訪問を決意。
無事に瀧見は果たしました。

オリジナルマップでのチェックポイントは6箇所ありました。

ポイントマップ

眼鏡山までのポイント

①鉄パイプの橋
②妙見の滝
③眼鏡山
④尾根道の急登
⑤休憩小屋
⑥丸太階段の鉄砲登り

この日は①~③を確認するので精一杯でした。
それでは写真です。

ポイント①
①鉄パイプの橋

木製調のコンクリート橋にリニューアルされていました。
橋を渡ってルートを進んだ場所にそれらしき橋がありました。

鉄パイプの橋
途中の橋

恐らく入り口の橋もこんな感じだったのではないでしょうか。

ポイント②
②妙見の滝

これが生駒十瀑と称えられる名勝・妙見の滝です。
滝周囲の手入れが行き届いています。
ここからのルートが曖昧で、プレートなどを頼りに進みました。
途中からはよく整備された山道となり、眼鏡山の北側から
回りこむように登って行きました。
オリジナルマップのルートとは異なります。
マップのポイント④~⑥は、お預けとなりました。

ポイント③
③眼鏡山の山頂

清瀧山とも言うそうです。山頂には三角点が設置されています。
なんとか無事に登頂。下山はヘロヘロでしたが。。。
続いて今年のヤマレコです。

2014/07/19 清滝街道~清滝山(眼鏡山)~緑の文化園~龍間~生駒山麓公園

なんか、思い出したように同じ時期に同じ場所を訪問。
ルートを思案して、妙見の瀧はパス。鉄塔巡視路を歩いてみました。
しかし、雨模様と体調不良で予定を大幅に削減することになり悔しいです。
それでも一応、マップのポイント④~⑥は確認できました。

ポイント④
④尾根道の急登

実際にはここから東側の尾根筋かも知れません。
いずれにしても、眼鏡山の西側斜面から登るルートに通じます。

ポイント⑤
⑤休憩小屋

たぶんコレでしょう。小屋ではありません。研修施設です。
利用されているという話でしたが、無人のような気がします。
ひょっとしたら、この建物の近くに小屋があるのかも。
雑草に覆われているので、確認できませんした。
近寄るのも、ちょっとコワいですし、、、

ポイント⑥
⑥丸太階段の鉄砲登り

コレは間違いありませんね。途中からでしたが、丸太階段です。
勾配もキツイです。確かに鉄砲登りです。
というわけで、2年がかりで1枚のマップを制覇しました。
少し手を加えれば、今でも十分使えます。
紅葉シーズンに再チャレンジしようと思っています。
もちろんこのオリジナルマップを握りしめながら。。。
(続く)

 - 山歩き ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Blogtitle_20161223
ローカルガイドの行く末を案じながら2016年を振り返る

2016年は「ローカルガイド」に明け暮れました。グーグル先生が提供するサービスは …

島ヶ原駅
ローカル列車の旅「正林坊山登頂記」

航空灯台跡地探索の第三回として伊賀市長田にある正林坊山を登ってきました。最近はヤ …

磐船の滝調査報告
磐船の滝調査報告「閉業は真っ赤なウソだった」の巻

グーグル・マップ(Google Maps)で言う「閉業」って何だ! Google …

blogtitle
「生駒の石仏」取材リポート ~長尾渓~

近鉄奈良線額田駅から東へ谷沿いの道を40分程度登りつめると、雄滝と雌滝の二段から …

美の谷訪問記その2(後編)

檪原越を無事に全通できたので、 ゆっくりと山を下って行こうと思います。 今日は天 …

SOTO ST-310
SOTO レギュレーターストーブST-310を高安山で使ってみました

SOTO ST-310レギュレーターストーブは火力にカセットコンロで使うガス缶( …

山の電波地図がオープンしました。

11月最初の三連休は自宅待機でした。天候が悪く予定をキャンセルする羽目になりまし …

2017 New Year
謹賀新年2017年

THETA SC – theta360.com Happy New …

二上山の古道「丁石道」探索記

二上山は京阪神から手軽に登れる低山として、一年を通してハイカーが絶えることのない …

Blog Title 20161213
冬季の里山探索は「飯盛山」から「高安山」へ

2016年前半のハイライトは「飯盛山の全ルートを歩く計画」でした。夏の暑い時期は …