ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

庄兵衛道北側ルート探索(前編)

      2015/04/03

新ハイ29

スポンサーリンク

当ブログではこれまで、庄兵衛道の考察を三回行いました。

http://juantonto.wpblog.jp/post-0-34/

消えた石標を探せ!「宝山寺参りと庄兵衛道」 | ふぁんトントのブログ

http://juantonto.wpblog.jp/post-0-27/

消えた石標を探せ!<続編>「庄兵衛道」 | ふぁんトントのブログ

http://juantonto.wpblog.jp/post-0-23/

消えた石標を探せ!<完結編>「神田川渡河」 | ふぁんトントのブログ

いずれも国道308号線より南側のルートで、石標(道標)の確認を中心に行いました。さて、南側ルートでお世話になった新ハイキング関西の山、特選コースガイド「庄兵衛道」(著者:柴田昭彦氏)では、北側ルートの道標について以下の資料が添えられていました。

庄兵衛道の道標銘文


大正六年四月八日建之
左鳴川山元山上道
○○○建 杉山利三郎

②(亡失)
右宝山寺
左元山上
大坂 京橋惣講中

③(亡失)
右宝山寺
左元山上
大坂 京橋惣講中

文献出典
「古道に残る信仰の文字 宝山寺への道」
(生駒民俗会 昭和62年)
※道標④以降は割愛します。

上記の文献では、庄兵衛道の道標は8本とされています。平成7年11月に柴田昭彦氏が調査をされた時点では、11本の存在(その内2本は亡失)が明らかになっています。

当ブログで昨年末から今年にかけて追跡調査したところでは、新たに2本を確認。平成7年当時存在した道標1本が亡失。新たに亡失を確認した道標の銘文は次のとおりです。

⑥(亡失)
中河内大○山上講中
右元山上
左宝山寺
文献は①~③と同じ。

北側のルートでは、「生駒の古道」を資料とします。

http://juantonto.wpblog.jp/post-0-26/

生駒の古道ー生駒市古道調査ー | ふぁんトントのブログ

柴田先生が歩かれた平成7年頃では、半分以上が廃道でした。生駒民俗会の方々が、古道復活のためご尽力されたのが、平成15年とのことです。

新ハイマップ
柴田昭彦氏手書きマップ(北側抜粋)

柴田氏の手書きマップでは、

「左の一軒家の先の左への急坂を下る」

この記述の後、梅屋敷伯楽手前のジグザグルートを下って、車道へ降り鶴林寺まで迂回されています。

今回は、この復活した古道(元廃道区間)を歩いてきました。

01
道標①

ここからスタートです。

02
白龍弁財天

生駒の古道で紹介されています。

03
岩谷の滝

大聖院とはここのことです。
今でもまじめに滝行をされています。

04
分岐(石の階段)

ここまでをマップで見て行きましょう。

マップ(舗装路)
マップ(舗装路区間)

赤い☆印が、グリーンテラスへ下る石段です。
そのまま降りて行くと、下の道に出て車道へ接続します。

05
分岐

次の分岐です。マップで黄色の丸囲み地点です。
この先にも、分岐がいくつか出てくるので、番号を付しました。①→③→②の順で出現しますが、都合上、①→②→③の順で説明します。

06
分岐①

この場所です。待避所のようになった場所です。
道はよくわかりません。ホントにここなのか?
(少し突っ込むと道らしきモノはありました。)

07
地図ロイド

1/2500地図でGPSの位置を確認しました。
間違いなくここです。

08
分岐②

ここも分かりにくいです。

09
分岐②

草むらに少し突っ込むと道らしきモノが見えます。
よく見るとナナメに登っていくようです。

10
分岐③

この分岐は気になっていました。
梅屋敷伯楽手前から、ジグザグに下る道です。

新ハイの柴田氏がここから迂回したルートで、手書きマップには父の痕跡が残っています。

zigzag
新ハイの手書きマップ

ジグザグルートを赤鉛筆でなぞっています。

11
分岐③

ここも分かりにくいですが、少し突っ込むと、幅広の道が確認できました。目印は電信柱です。

12
梅屋敷伯楽

ここ何でしょう? 料亭ですか?

「生駒の古道」で紹介されている湧き水はどこ?
枯れてしまったのでしょうか?

今までは舗装路でした。ここからが本番です。

マップ1
マップ1

教弘寺までに、チェックポイントが3箇所です。
それぞれ、分岐ポイントA、B、Cとします。

13
分岐ポイントA

左手のブルーシートが見えるほうが庄兵衛道です。
資材や廃材などをシートで覆っているようです。
改築中のようで、きれいな家が立っています。

14
ルート

振り返って右手に家ですが、道は公道です。
棟上げ後に状況が変わるかもしれません。

15
湧き水

位置から見て、民家の排水ではなさそうです。
これが、年中枯れることのない湧き水でしょうか?

16
ルート

まっすぐは崖ですが、少し山手へ迂回すると、直ぐに道の続きがあります。ここからは、山道となります。

17
ルート

最初はヤブっぽいですが、直ぐに明瞭になってきます。

18
石積み

パイプが並走しています。

19
マーキング

テープ発見。色褪せてますが。赤の布製テープです。
このテープは生駒民俗会が設置したものです。

20
ルート

古道らしくなってきました。

21
マーキング

再びテープ発見。今度は赤い。

22
ルート

倒木です。荒れてきました。

23
ルート

パイプの並走もここで終了です。

24
ルート

植林の作業跡がありました。

25
分岐ポイントB

深くえぐれた谷筋に出ました。山側に登っていく道もあります。

26
分岐ポイントB

明らかに分岐です。この石組みは自然ではありません。
分岐を意味します。向井山でも見かけるヤツですね。

27
石切場

昔の石切場を横切るようです。
この区間は曖昧です。

もう少し西側に明瞭なルートがあったかもしれません。
いずれにしても次の合流まで僅かな区間です。

28
合流手前

林道との合流手前にマーキングしました。
黄色の線を辿れば、先ほどの割石エリアに出ます。

29
林道

東西に伸びる林道です。
西側(山側)を見ています。

30
林道

東側です。下れば菜畑と小倉寺の境界で自動車道に出ます。
ここから先は自信がありません。かなり迷走しました。
不安な方は、ここから東へ下ってください。

31
ルート

これが正解かどうか分かりませんが、横断して南へ下ります。
確かに、最初は背丈ほどの笹ヤブですが、直ぐに抜けます。

32
ルート

生駒の古道でも急坂を下るとあるのですが、、、
いやいや、急坂過ぎるでしょ。ほとんど崖です。

33
分岐ポイントC

崖を降りると分岐です。東側の分岐を見てます。
親指方向が教弘寺です。

34
分岐ポイントC

西側(山側)にも分岐。どちらも草深いです。
2本の道が交差するような場所です。

35
分岐ポイントC

最後に分岐Cから見た北側の降りてきたところ。
矢印のように降りてきたけど、こりゃ、ダメだ。

36
ルート

教弘寺へ下って行きます。幅は広いですが、
最近使われていないような感じですね。

37
古タイヤ

教弘寺手前で分岐かもしれません。
タイヤはマークでしょうか。
この手前では、測量の多角点もありました。

38
ルート

こんな感じで北へ伸びています。
道っぽいのですが、どうでしょうか?

39
出口

反対側に出口です。建物が見えました。

40
入口

出てきたところを撮影しましたが、道があると知らないと突っ込めませんね。フツーの人なら躊躇します。

マップ1改
マップ1追記

ちょっと、ここで休憩します。

その前に、上のマップでおさらいです。赤い矢印の地点に生駒民俗会のテープがありました。心強い味方です。

ポイントAでは、以前は犬に吠えられたという場所です。現在は改築中のため、どこかで疎開中かもしれません。

ポイントBは、少しややこしいかも知れませんが、石切場を突っ切れば東西の林道に出ます。

ポイントCは、正直ミスルートだと思っています。最後に見たタイヤ横のルートも方角的におかしい。地図に緑色でラインしています。

ポイントB、C間にある林道は明瞭な道なので、エスケープ・ポイントとして機能します。迷った場合は、この道に出て車道へ下りましょう。

次回後半は、教弘寺の石造美術の紹介から始まります。
続きます。

 - 庄兵衛道 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

神田川
消えた石標を探せ!<完結編>「神田川渡河」

※お断り 神田川を渡河する場所への進入路は最新の記事を参照してください。この記事 …

庄兵ヱ道
消えた石標を探せ!<続編>「庄兵衛道」

3月25日にエントリーしたブログの続編です。 前回記事 消えた石標を探せ!「宝山 …

棚田
「庄兵ヱ道」-その現状とまとめ(後編)

分断された庄兵ヱ道を繋げるために、草刈りと藪払いに出かけました。瓢箪山神社から最 …

庄兵ヱ道
消えた石標を探せ!「宝山寺参りと庄兵衛道」

昭和62年に刊行された「古道に残る信仰の道 宝山寺」によると、宝山寺参りの古参道 …

ノコギリと剪定バサミ
「庄兵ヱ道」-その現状とまとめ(前編)

平成十五年に生駒民俗会の手により復元整備された信仰の道。 昨年末(2014.12 …

庄兵衛道北側ルート探索(後編)

教弘寺 教弘寺に到着しました。 無住のお寺だそうですが、管理はされているようでし …