ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

昭和の歴史遺産「生駒山航空灯台」の跡地を訪ねる

      2018/10/22

blog title 20160831

昭和初期(昭和7年~8年頃)になると、郵便物等の運搬を航空機で夜間に定期的に行うようになりました。これら夜間飛行の安全に寄与したのが、航空灯台が放つ閃光だったとのこと。

太平洋戦争の戦況が悪化するとその多くが消灯されたものの、戦後になると復活して日本の民間航空を支え続けました。やがてテクノロジーの進化により、一部を除いて各地の航空灯台は廃止・撤去されることとなり、その数少ない例外が、生駒山(山名:鬼取山)の航空灯台を再利用した「近鉄生駒山無線局」でした。(※生駒山航空灯台)

+Yoshikatsu Okunoさんが2016年3月に撮影

Googleマップ – 360°パノラマ

スポンサーリンク

昭和の歴史遺産がまた一つ消えた

2016年1月ごろ通りかかった際には足場が組まれて作業中でした。5年ほど前にも修復工事などが行われているので、さほど気にも留めずに遠目に見て通り過ぎました。しかし、その直後に撮影された360°パノラマをGoogleマップで見てびっくりしました。建物は取り壊されてすでに更地になっています。

2016.08.30撮影

Googleマップ – 360°パノラマ

昭和初期に整備された航空灯台

神戸史学会

歴史と神戸 通巻306号

「戦前の航空灯台」に関する資料は乏しいようです。神戸史学会「歴史と神戸」 53巻5号(通巻306号、平成26年10月1日発行)に次のような記事が掲載されました。

航空灯台

目次・「兵庫県内の航空灯台について」(著者・柴田昭彦氏)

記事には第一期から五期まで整備された各地の航空灯台に関する資料が詳細な別表で示されています。

Screenshot of kobesigakukai.cocolog-nifty.com

神戸史学会

 

交野三山縦走(交野山・旗振山・龍王山)

観音岩

交野山(観音岩)から見た旗振山と龍王山

別表の資料によると、交野市の龍王山にも設置されていたことが分かります。山頂にある雨乞い岩の北側あたりです。

Screenshot of yamap.co.jp

源氏の滝から交野三山縦走(交野山~旗振山~龍王山) | YAMAP 山登り・アウトドアの新定番

2016年3月上旬に源氏の滝から交野三山を縦走して航空灯台跡地を見てきました。交野山周辺のルートは多数存在します。交野市が指定する文化財が多数点在する「石仏の道」と絡めた縦走ルートがおススメです。

Google マイマップ – 石仏の道(交野山・ご来光道)


龍王山の航空灯台跡

Googleマップ – 360°パノラマ

航空灯台の跡地は意外にも簡単に見つかります。遺品と言っても石仏と違って昭和初期には現役だったワケですから。。。

航空灯台

龍王山の山頂に残る航空灯台の跡

コンクリート礎石が4つ残っていました。鉄骨の根元も確認できます。

航空灯台

北東角のコンクリート基礎

比較的状態がイイです。切り取られた鉄骨の根元部分が残っています。

航空灯台

南東角のコンクリート基礎

倒木の根が斜めにかかっています。

航空灯台

北西角のコンクリート基礎

ちょっと落ち葉に覆われていました。払いのけて撮影。

航空灯台

南西角のコンクリート基礎

この礎石は土に埋まっていて、少し掘り起こしました。基礎の結界面積からもわかるように、そんなに高い鉄塔ではなかったようです。現在の送電鉄塔を見てもわかるように、高い鉄塔は結界も広い。

鉄塔

結界が広場のような北河内線68号の鉄塔下

当然といえば当然ですが、前述の資料には鉄塔の高さなども記載されています。

資料に見る「龍王山航空灯台」

航空灯台

航空灯台の跡地を南側から見る

設置年から第二期航空灯台に分類されています。

  • 設置年:昭和14年
  • 廃止年:昭和18年
  • 高さ :5.5m
  • 「木津から移転したもの」と記されています。
  • 増設、移設、改造、撤去を繰り返した航空灯台の数奇な運命を想起させますね。太平洋戦争の戦況悪化で消灯され、鉄骨は剥ぎ取られ、溶かされ、、、

    悲しい歴史です。

    まだまだある? 航空灯台の遺構


    生駒山系以外の航空灯台跡地も訪問しました。

    一覧表には、遺構の現存が確認されたものに印が付いています。著者・柴田氏の脚注によると、『全てを網羅したわけではない』とのこと。探せば新たな発見があるかもしれません。興味のある方は、「歴史と神戸」を読んでみてください。バックナンバーは、神戸史学会のウェブサイトから取り寄せ可能です。

    Screenshot of kobesigakukai.cocolog-nifty.com

    刊行物と取り寄せ方法: 神戸史学会

    石仏

    円通池の石仏

    今も人々に微笑む野仏、人々の記憶から(遺構さえも)消え去る航空灯台。どちらも人間が造り出したモノ。航空灯台が廃止されたのは昭和44年(1969)です。

    半世紀も経っていない。

    野仏

    野仏(国見山への尾根道にて)

    必要なくなれば、あっという間に忘れ去られるのでしょうね。人間の創りだしたモノは、美しく物悲しいです。

    では、また。

    この記事は2015年2月18日に公開した「龍王山に残る戦前の航空灯台跡」をリライトしました。

     - 山歩き ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    松尾台地
    忘れられていた古道「九重越」

    新ハイキング関西の山(1995年27号)掲載の特選コースガイドで「新九重越」とし …

    2017 New Year
    謹賀新年2017年

    THETA SC – theta360.com Happy New …

    二上山の古道「丁石道」探索記

    二上山は京阪神から手軽に登れる低山として、一年を通してハイカーが絶えることのない …

    あじさい
    大阪府民の森・あじさい園(ぬかた園地)を100パー楽しむためのガイド

    あじさいまつり2016年バージョンはコチラ 大阪府民の森・ぬかた園地では、毎年6 …

    河内越
    河内越探訪その3

    河内越の道は大和側の呼び名で、大阪側は檪原(いちはら)越と言うらしいです。 水呑 …

    生駒山の自然を歩く会・第2幕

    オリジナルマップ(19) 第2幕でご紹介するのは矢田丘陵です。 「榁木峠から矢田 …

    Cardboard
    自分で撮影した全天球パノラマ写真をGoogle Cardboardで見せたらバカ受けした件

    山歩きの楽しみの一つに「写真撮影」があります。苦労して見つけた石仏や遺跡、季節ご …

    鉄塔
    P点の謎を解明せよ。

    3月最後の土曜日、朝起きて天気予報を見ると、夕方から雨とのこと。 朝からテンショ …

    Blog Title 20170501
    生駒山系の春2017 Part-2

    お待たせしました。2017年「生駒山系の春」Part-2をお届けします。後半のハ …

    ササユリ
    初夏の生駒山系2016

    初夏の生駒山系は風景や植物を観察するのが楽しみです。梅の伐採が決定した枚岡梅林の …