ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

ナイトハイクでPL花火の鑑賞を計画してみる。

      2016/05/28

台風が通過して梅雨が開けたと思ったら、またジメジメした長雨が続きました。週末には次の台風がやって来るかもしれません。台風情報から目が離せませんね。

生駒谷

夏の生駒谷と矢田丘陵(久安寺より)


スポンサーリンク

ナイトハイクに挑戦

真夏の山歩きは涼を求めて金剛山がオススメですが、この時期ちょっと忙しくてなかなか遠方へ行くことができません。ご近所の高安山や信貴山へ出かけると、暑くてめまいがします。すると山から遠のいて運動不足に陥ることになりますね。

日没迫る信貴山にて
信貴山

今年は春先から虫対策に万全を期して来ましたので、この勢いでナイトハイクに挑戦しようと思います。PL花火の鑑賞を兼ねれば一石二鳥で楽しめそうです。

信貴山の頂上にて撮影[2011.12.11]
信貴山日没

2011年12月に一度だけ夕暮れのハイキングを試みたことがあります。日没を信貴山の頂上から見るのが目的でした。しかし、この時の帰路はバスとケーブルカー。

灯籠の明かりが不安感を煽る
信貴山の灯籠

真っ暗になってからの山歩きは未体験です。ヤマレコのユーザーさんでナイトハイクをよく楽しんでいる方がいらっしゃいますので、参考にさせていただこうと思います。

ライトオンした信貴山観光ホテル
信貴山観光ホテル

ぼくらの広場からPLの花火鑑賞

PL花火芸術、開幕スターマインの打ち上げ

PL花火概要

  • 2015年8月1日(土)
  • 19:50~20:50(予定)
  • 毎年8月1日に開催されています。(雨天決行)

    ※ふぁんトントのナイトハイクは雨天の場合は中止します。

    ナイトハイク初心者ですから、歩き慣れた場所で危険箇所の少ない場所を選びました。今年は土曜日にPL花火が実施されますし、同じ日に府民の森・パークレンジャーによる「神秘な森の冒険登山」のイベントがあります。夜でも人が多そうなので、心細くはないでしょう。と、言っても混雑する花火会場に行く根性はありません。

    http://osaka-midori.jp/mori/chubu/event.html

    大阪府民の森 – イベント情報

    「神秘な森の冒険登山」はすでに定員に達しているそうです。(07/23現在)

    イベントには参加しませんが、この日ならナイトハイカーとしてデビューするのは悪く無いと思います。


    前半が客坊谷コースです。

    往路は未定ですが、ぼくらの広場にてPL花火を鑑賞した後、客坊谷コースで下山する予定です。何度も歩いているコースでも、途中の急坂と客坊橋から先で細い道のエリアがあるので要注意です。


    ナイトハイクの必需品

    コレがなかったら話になりませんよ。日没が早くなる10月以降はいつでもザックに入れていますが、洞窟探検以外で使ったことがありません。今回は活躍するでしょう。

    ヘッデンは両手をフリーにしてくれる反面、足元のスポットを照らすのは不向きです。こちらは石仏鑑賞でも必需品ですが、さらに頼れる相棒になりそうです。

    ぼくらの広場で長時間滞在することになりそうなので、万全の虫除け対策を考えました。やっぱり蚊取り線香でしょ。

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 携帯用安全蚊とり器 M-7795
    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-03-09)
    売り上げランキング: 415

    ぼくらの広場付近
    ぼくらの広場

    というワケで、ちょっと大層なナイトハイク・デビューになりそうです。雨が上がって週間予報が気になる今日このごろですね。

    では、また。

     - 山歩き , ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    Cardboard
    自分で撮影した全天球パノラマ写真をGoogle Cardboardで見せたらバカ受けした件

    山歩きの楽しみの一つに「写真撮影」があります。苦労して見つけた石仏や遺跡、季節ご …

    Blog title 20170704
    本格的な夏到来の生駒山系2017

    ジメジメした梅雨空、台風、バテバテの山歩き、、、etc. ついに夏本番を実感でき …

    一針薬師笠石仏
    生駒石仏界の超大物見聞録「一針(ひとはり)薬師笠石仏」(三郷町勢野東・持聖院)

    JR大和路線「王寺駅」の北口を出て大和川を渡ると、土手の上から丘陵地帯の裾野に広 …

    茅渟宮跡
    ゲスじゃない悲しい恋物語「衣通姫伝説の茅渟宮跡から」

    大阪湾の古い呼び方に「茅渟(ちぬ)の海」というものがあります。古事記中巻の神武天 …

    「ドルメン(大窪・山畑36号墳)」を探せ!

    八尾市の高安古墳群には、約三百基を越す横穴式石室の古墳が存在すると云います。畑の …

    石仏の辻・ウォーキング娘に参加してきました

    以前からメール等で交信をして山の情報等をご提供いただいたり、なにかとアドバイスし …

    生駒縦走魔道
    【緊急報告】今年の生駒チャレンジ登山大会への参加を断念!

    第11回生駒チャレンジ登山2017への参加を断念することになりました。「なんでや …

    Blog Title 20170221
    特選コースガイドⅡ「おと越南谷道(大阪府八尾市大窪)」

    特選コースガイドの第二弾は、高安山越十二道(八尾市)の中から「おと越南谷道」をチ …

    blogtitle20161231
    2016年最後の山歩き

    今年最後の山歩きは、生駒山系で最も標高の低い「花岡山(標高54m)」から最大規模 …

    桧峠
    目指せ、フキガッポ!

      一年ぐらい前のヤマレコ日記に、亡父の遺品に新ハイキング別冊関西の山 (初号~ …