ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

「銀峰(P396)はどこ?」全部入りの二上山にハマる

      2015/04/05

烏岳山頂

烏岳山頂にて|jastoldさんに撮影して頂く

写真はトリミングしてます。
ちゃんと全身写ってますから。

オール・イン・ワン・パッケージの二上山

古道、廃道、鉄塔巡視路、古墳、城趾、御陵、行場、石仏、丁石、三角点、神社、仏閣、道の駅に日帰り温泉、そして、桜に代表される季節の花々。
見たいものがてんこ盛りの二上山。全て揃っています。


スポンサーリンク

ハイキングルートは初級レベルから岩場の急峻な中級レベルまで豊富。
トレラン、ヤブ漕ぎ、岩登り、沢歩き。スタイルを問いません。
地図を片手にルー・ファイも面白そうです。

崖道

キノキ山の比じゃない崖道|巡視路

多くのボランティアで支えられているのが二上山。
当然ですがハマりました。

ヤマレコ(2015.2.21)

jastoldさんに一歩でも近づけたかな。

歴史の深い二上山

ひとつひとつの要素はハンパなく歴史を刻んでいます。
生駒山系と比べて狭いエリアに全てが詰まっています。

大和線37号鉄塔

大和線37号鉄塔|昭和3年建設

大津皇子の御陵は元より、六鹿寺跡の磨崖仏や十三重の石塔。
さらに城趾と古墳、ちゅーとハンパじゃないです。


鉄塔巡視路はエキサイティングで堪能できる

スカイラインで寸断される生駒山系と異なり、南北にガッツリ縦走できます。
東西に伸びる支尾根を乗り越すので、上り下りが激しいのは生駒山系と同じ。

巡視路のプラ階段

巡視路のプラ階段|アップダウンがキツイ

巡視路歩きでも歴史の深さを感じてしまいました。
生駒山系で悩まされるヤブ漕ぎはありません。

日下直越道

雑草に埋もれた泉南東大阪線185号|日下直越道

ルート次第では、ヤブ漕ぎ可能だそうです。
そんなん、わざわざチョイスする必要はないけど。

巡視路の分岐

巡視路の分岐|尾根道は廃道化している

久々に自分撮りしてもたつく

烏岳

烏岳の登頂記念にちょっと一枚

自撮りなんて、めったにしないんですがね。
簡易一脚セットを忘れました。

—–

マイナールートで他のハイカーと出会えるのが二上山。
生駒山系の巡視路歩きで人と出会うことは皆無です。

阪奈線の巡視路

阪奈線の巡視路|人と出会うことのない静かな山道

アタフタ自撮りしてるとjastoldさんに遭遇。
二上山の主、ヤマレコの大先輩でした。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-590610.html

二上山 鉄塔巡り 転倒2メートル落下-鉄塔131で終了 [山行記録] – jastoldさんのヤマレコ

お礼に撮影返しをさせて頂きました。

銀峰はどこ?

烏岳以外にもいくつかの小ピークに山名がありました。

白銀峰

白銀峰|残念ながら展望なし

ろくわたりの勾配のキツイ斜面を登ると

むかい坂

むかい坂|急斜面の尾根道

ここも一応ピークでした。
問題の銀峰です。

P369

P369|地理院地図

地理院地図でP396の地点が銀峰とされる場所だと理解していました。
昔の「山と高原地図」(昭文社)でこの場所に表記されてたらしい。

山と高原地図

2008年版の山と高原地図|表記されてません

二上山では新参者ですから、地理院地図の情報が全て。
経験や勘は皆無です。

探し回りました。
ヤブにも突っ込んでみましたが。。。

プレートどころか標点もない。
鬱蒼とした場所でした。

P396

P396は何もないところ

諦めてピークを北へ降り、鞍部を登り返す。
銀峰のプレートがありました。

銀峰のプレート

P396から北方の小ピーク|プレート発見

ホントにここでいいのか。
念のためExif情報を晒しますね。

[メーカー]
FUJIFILM
[カメラ]
FinePix XP70
[撮影日付]
2015/02/21 14:52:19
[緯度]
N 34゚31’51.1″
[経度]
E135゚40’29.4″
[標高]
368.00m
[測地系]
WGS84
[露光時間]
1/160秒
[F値]
F3.9
[ISO感度]
100
[シャッター速度]
1/160秒
[絞り値]
F3.9
[対象物明るさ]
6.6APEX
[レンズ焦点距離]
5.0mm

—–

登ってこられたハイカーの方にお尋ねしました。
「かなり前から、ここにプレートがある」とのお返事。

ここがP396で無いことを告げると怪訝そうな様子。
やはり銀峰の標高は396mとの認識だったようです。

白銀峰を見下ろせる場所で休憩していると、
お二人のハイカーが通りかかりました。

挨拶がてら、銀峰の場所を確認してみました。
やはり銀峰はP396という認識だったようです。

この方に手製の地図を見せていただきました。
P396にしっかり「銀峰」と表記されています。

ヤマレコでもP396を銀峰としている記録が散見されます。
自分も現地で確認するまでP396が銀峰と思っていました。

プレートの位置と標点(P396)の位置、どちらが銀峰なのか。
結論を出すには、資料の収集が必要だと痛感しています。

次のプランを練ってみる

大師山

大師山の北側からアプローチ

泉南東大阪線123号の訪問が中途ハンパに残りました。
御坊幹線230号の裏手から伸びる尾根道も気になる。

古道

ルー・ファイにヤブ漕ぎは必死

上池の南側からの丁石の古道と雄岳の北尾根。
意外にバリェーションが豊富で飽きませんね。

雄岳北尾根

右手に進むのが雄岳北尾根への取り付き

jastoldさんのレコを拝見すると、洞窟探検もできるらしい。
二上覗きの大岩へ行けば、面白いスポットが見つかりそうです。

次の週末は、菅笠日記の旅「畑屋越」にトライ。
予定は未定の3月にプランしましょう。

畑屋越

畑屋越|新ハイ関西第38号(1998.01)

では、また。

 - 山歩き , ,

ad

ad

Comment

  1. ハンドル名:節穴 より:

    銀峰
    私の手元にある昭和62年版 山と高原地図52 葛城高原・二上山(昭文社)調査・執筆 仲西政一郎
    によれば、標高396 に 指示点が示され銀峰と記載されています。
    その後、仲西氏から執筆を託された根来春樹氏の地図でも、2002年まで396の指示点で銀峰と記載しています。
    それ以降の上横手氏の地図では二上山エリアが5万分の一に変わり、記載スペースがなくなったせいか?指示点:銀峰は記載されていません。

    今月、友人に読図指導をしながら雄岳から、p396を通過し、下の小ピークに来たところ『銀峰』の看板を確認しました。
    この地点から、下りを取ると登山道は間もなく右カーブしてゆきますから、高度計や、GPSがなくとも山名札の位置が国土地理院の標高396でないことは誰にも自明です。

    以下はの一文は伝聞です。
    二上山に詳しい方が、その山名札を正しい位置に付け替えてあげても、また元の位置にもどってしまうのだそうです。

    山名札を付けられた方が、頑なに信じておられるのか、札が戻ってしまうという怪奇現象なのか、定かではありません。(冗談です)
    前者なら、『信じる者は救われる』であっても、あれを見せられる登山者は『救われません』ね。

    わかっている人は、P396での誤情報が、多分、即遭難につながらないだろうという期待で、その方がかかわらなくなる時期を気長に待っているのかもしれません。

    このようにまだ、一般人の困ったさんならまだ影響が少ないのですが、近年の昭文社地図の方が・・・・

    • 節穴さん、コメントで貴重な情報ありがとうございました。

      銀峰には複雑な事情が絡んでいるようですね。最近、二上山エリアから遠ざかっておりまして、現状についてはよく知りませんが、「銀峰」プレートの標高をマジックで書き換えてあったように思います。(396→369)

      たしかに、名前を付す場所としては現在の場所が相応しいでしょう。誤った標高を放置するから混乱を招いているのではないでしょうか。現在のP396付近はピークとは言えない状態ですし。。。

      いずれにしましても、二上山エリアは、ボランティアの皆様のご努力で、ハイキング道以外のルートが整備されていて楽しいです。いつも、感謝しております。今年の3月に雄岳中尾根を登ろうと、行場付近でウロウロしていると、「銀峰までのルートを作りに行く」と言う方にお会いしました。是非、このルートを歩いてみたいと思いながら月日が経ち、このコメントでそのことを思い出した次第です。

      重ね重ねお礼申し上げます。また、コメントの承認が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

blog title 20170301
「生駒山系まるごとハイキングマップ」リニューアルのお知らせ

大阪府民の森を管理する「大阪府みどり公社」は、「生駒山系まるごとハイキングマップ …

八丁岩
生駒山系の巨石遺構

生駒山系の山歩きでは、季節ごとに変わりゆく風景、色彩豊かな植物、歴史を感じる石造 …

おと越
今年最後の山歩き

今年最後の山歩きは、高安山越十二道の中から「おと越」をチョイスしました。来年早々 …

二上山の古道「丁石道」探索記

二上山は京阪神から手軽に登れる低山として、一年を通してハイカーが絶えることのない …

明神山
古墳三題と送迎山城

大阪と奈良の府県境(正確には大阪府柏原市・奈良県香芝市~北葛城郡王寺町の境界線) …

缶バッチ
岩湧の森20周年記念行事「七ツ道めぐり」に行って来た

今年(2015)の5月に始まった「七ツ道めぐり」の記念行事が今月末で終了します。 …

野草園
生駒山系の紅葉にモノ想う

今年の生駒山系は紅葉が遅れています。「樹齢200年のカエデ」で名高い髪切山・慈光 …

Google Cardboard
生駒山系で体験した「山怪」な話

「山怪 -山人が語る不思議な話(著者:田中康弘氏)」(以下、本書と言う)という書 …

Blog Title 20170403
ザ・メイキング「三つの船石探訪記」バーチャル・ツアー

※今回の記事ではストリートビュー画像を多数埋め込みしていますので、通信環境の良い …

Blogtitle20160918
開催まで一ヶ月を切ったよ!「生駒チャレンジ登山大会2016」

おおさか山の日プレイベントとして、「生駒チャレンジ登山大会2016(2016.1 …