ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

「飯盛山」-北条古道を全天球パノラマで振り返る

      2018/10/05

昨年の9月から着手した「飯盛山の古道を歩く計画」は、先日の「北条古道」で漸く一区切り付きました。

全天球パノラマはグーグルマップのストリートビューに統合されて、より身近なサービスとなりました。水平方向だけでなく上も下もぐるっと360度見渡すことができるので、実際の様子がかなりよくわかります。(PhotosphereまたはGeo Panoramaとも呼ぶ)

スポンサーリンク

意外と歩きやすかった北条古道

ルート予想(クリックで拡大)

北条古道

⑤北条A(北条古道)

北条神社の八幡宮は戦国時代に守護神と仰がれ、武芸上達の神として武運長久を祈願したと云う。
北条神社

昨夏の終わりに一歩踏み込んだだけで退却し、その後いろんな人に話を聞きまくり、周辺のルートを歩き尽くして、さらには冬枯れシーズンの到来を待って挑戦しました。

北条古道

2015.09.12撮影/堰堤通過付近

今回撮影した全天球パノラマは山頂まで全部で5枚、スマホの方は画像下のリンクをクリックすると別ウィンドウにパノラマ画像が開きます。最初はぼんやりしていますが、やがて明瞭な風景が画面いっぱいに広がりますので、マウスでグリグリ回してみましょう。

※Googleマップのアプリをインストールしていない端末でも閲覧可能となりました。

クーグル・カードボードで見るともっとスゴイよ。

Google Cardboard I/O 2015(グーグル・カードボード)
ハコスコ
売り上げランキング: 1,399

最初のポイント

  • 尾根道の曲がり角付近
  • 最初の堰堤を越えると直ぐに沢を渡り、溝状に掘られて落ち葉が堆積した尾根道になりました。ポイントの地点は曲がり角となっており、直進は谷底の巨岩エリアに通じています。道はハッキリしていますが、薄い踏み跡が巨岩に向かっていますので、迷い込まないようにしましょう。足元ばかりに気を取られていると突っ込みそうです。なにせ、落ち葉が半端なく積もっていましたから。。。

    第二ポイント

  • 飯盛城の曲輪跡
  • 右手に石積みが見えてくると明らかに削平・盛土されている場所に到着します。石積みは最近のモノだと思いますが、周囲には巨岩が重なり、平坦なスペースが段状に突き出ていることがわかるでしょう。

    第三ポイント

  • 雨乞紀念碑
  • 第二ポイントからすぐの場所ですが、ルート上から見える紀念碑は後ろ向きに立っており、うっかりすると見逃すかのしれません。

    明治十六年ごろ、不動尊を信仰していた初代の横谷宗吉氏は干天がつづいて、農民らが困っているとき、雨乞いをして慈雨に恵まれ、多くの信者ができてきたので、現地に居を移し、明治三十九年八月には庭先に「役行者石碑」を建てた。

    郷土史カルタ『大東のふるさと』ウォークより引用

    行者堂(2015.09.12撮影)
    行者堂

    北条古道にある雨乞紀念碑について詳しいことは分かりませんが、上記の行者堂と関連があるかもしれません。行者堂は北条神社の参道近くにあります。

    第四ポイント

  • 明るい自然林の尾根道
  • ちょっと薄暗い竹林を横切って斜面を登り切ると、勾配が緩やかで陽射しの明るい自然林の尾根道となり、気持ちよく歩くことができました。

    千畳敷手前では堀切跡が明確に見て取れる。(2016.01.31撮影)
    堀切跡

    第五ポイント

  • 飯盛城本丸跡(千畳敷郭)
  • 堀切跡を過ぎると千畳敷と呼ばれる本丸跡の先端部に到達します。広々とした平坦地に桜の木が植えてあり。春になって桜が開花する頃を想像するだけでワクワクしてきます。

    全天球パノラマを手軽に閲覧する方法

    スマホのアプリで閲覧する方法は、別の機会にじっくり紹介したいと思います。今回はパソコンに限った話です。

    グーグルマップを開いて、ペグマンをつまみ上げる。(ドラッグ)
    ペグマン

    ココと思う場所にペグマンを近づける。
    ペグマン

    青丸が撮影データのある場所、さらに近づけると小さな写真窓が出現する。
    ペグマン

    ペグマンを落とす(マウスを離す)と画面いっぱいに全天球パノラマが現れる
    全天球パノラマ

    と、こんな感じで道じゃないところでも、一般ユーザーが撮影した全天球パノラマを通じて周辺の様子を見ることができます。操作方法は通常のストリートビューと同じですね。(※最初の画面でペグマンをクリックでも同様の操作が可能です。)

    専用カメラのRICHO Theta S

    RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
    リコー (2015-10-23)
    売り上げランキング: 517

    ふぁんトントはグーグル・ローカルガイドのフォトグラファーに登録して情報を発信しています。全天球パノラマにも力を入れていこうと思っています。目指せ「レベル5」!!
    ローカルガイド

    では、また。

     - 山歩き , , ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    Blog Title 20161018
    「足がつる!」こむらがえりに効果絶大!!芍薬甘草湯を満量処方した「コムレケアa」

    山歩きで突然「足がつって」立ち往生した経験はありませんか?ふぁんトントはこれまで …

    明神山
    古墳三題と送迎山城

    大阪と奈良の府県境(正確には大阪府柏原市・奈良県香芝市~北葛城郡王寺町の境界線) …

    blog title 20170314
    春から夏に向けての山歩きは「高安山」から「飯盛山」へ

    高安山周辺の探索は、右手のケガにより中断することとなりました。しかし。念願だった …

    Compass
    山スマホのススメ

    新聞やテレビでは、「歩きスマホ」や「スマホ依存症」といったネガティヴな情報がよく …

    信貴山日没
    ナイトハイクでPL花火の鑑賞を計画してみる。

    台風が通過して梅雨が開けたと思ったら、またジメジメした長雨が続きました。週末には …

    Blog Title 20170221
    特選コースガイドⅡ「おと越南谷道(大阪府八尾市大窪)」

    特選コースガイドの第二弾は、高安山越十二道(八尾市)の中から「おと越南谷道」をチ …

    山歩きの雑談

    このところ寒い日が続いていますね。 ですが、山歩きしてると陽射しは確実に春です。 …

    鳴川休憩所
    生駒山系に秋がやって来た

    秋晴れの快晴の下、大勢の参加者が集う「生駒チャレンジ登山大会」が行われました。こ …

    blogtitle_20170814
    真夏の生駒山系2017

    2017年の夏もピークを過ぎようとしています。ここ数日は朝がずいぶん涼しくなりま …

    Blog title 20170424
    生駒山系の春2017 Part-1

    2017年「生駒山系の春」は、桜を長く楽しめました。後半の春便りは2部構成でお届 …