ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

ローカルガイド・コネクトの使い方をガイドする

   

ストリートビュー認定プログラムのサポートは、「ローカルガイド・コネクト(localguidesconnect.com)」内に設置されている通称「SVTPボード」に一本化されました。

https://productforums.google.com/forum/#!forum/maps-ja

Google マップ ヘルプ フォーラム

link1

ストリートビュー画像をユーザーが撮影したり、公開したりするのはGoogle マップ内のサービスや機能になります。したがって、様々な問題の解決には、ローカルガイド・コネクト「SVTPボード」へ行く前に、Google マップのヘルプ・フォーラムを利用しましょう。

マップ→左メニュー→ヘルプ

How to use LGC SVTP board

マップ・ヘルプ

ココは日本語が使用できる環境で、特に制限もなく一般に公開されているため、手軽に利用できますよ。回答することを趣味になさっている「トップレベルユーザー」の皆さんも全員日本語スピーカーです。しかも、懇切丁寧にご指導なさいます。もちろん、時と場合によっては、Google日本支社の社員さんも参加なさいます。

マップ・ヘルプで気軽に相談してみましょう。

スポンサーリンク

「ローカルガイド・コネクト」を活用する

Google ストリートビュー

Google ストリートビュー
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

2017年3月末以前の「ストリートビュー認定プログラム」では、画像の作成(stitching)から公開まで可能なデスクトップ・ツールが提供されていました。現在では廃止となり、それらの機能は、スマホ・アプリのStreet View Appに引き継がれるか、サードパーティの各社から提供されるツールを利用することになりました。前者は無料ですが、後者は基本的に有料です。(例外もあり)

http://juantonto.wpblog.jp/panoskin-street-view/

Panoskin SVE(LCP360)を使ってストリート・ビューに公開してみました | ふぁんトントのブログ

link2

当ブログでは、それらのツールを試しながら、情報発信に努めて参りました。コメントもたくさん寄せられています。マップ・ヘルプは、Googleが提供しないサービスに関してはフォローされません。この手の質問をなさると、たいてい「SVTPボード」への誘導となるでしょう。

英語はお得意ですか?

SVTPボード」は日本向けにローカライズされておらず、世界中のユーザーが集い、語り、競い合う場所なのです。当然、参加者の使用する言語は英語が中心となり、英語が苦手でなくても戸惑うでしょう。そこで、「SVTPボード」を利用するにあたってのポイントをまとめてみました。

日本人の英語力は低くありません。「日本人は英語が苦手」というのは、マスメディアの「刷り込み」に過ぎません。日本の英語教育は世界最高水準です。自信を持って英語で発信しましょう。


※2017年5月以降は日本語ユーザーが増えています。安心して日本語をお使いになってください。

ニックネームを変更する

How to use LGC SVTP board

My settings

認定を取得したアカウントでログインをすると、「SVTPボード」にアクセス可能となっています。書き込む前に、ちょっと一呼吸。最初にニックネームを整えます。ヨーロッパ言語を元に設計されているため、自動生成される初期ニックネームは、「名前+氏名の先頭一文字」となっています。山田太郎さんだったら、「太郎山」みたいな。どこの山やねん。(=「どこの山なのか」という意味の河内弁)

挨拶と自己紹介をしよう

How to use LGC SVTP board

Exclusive Access

SVTPボード」は、マップ・ヘルプのようなサポートのみを目的とした場所ではありません。一方的に「問題」を報告して、「回答を得たら終わり」では愛想がない。「SVTPボード」にもGoogle社員が参加しておられますので、先日、Googleの考え方を拝聴しておきました。

今後問題の報告というものはございません。同様の問題を抱えている方もおられるかもしれませんので、皆様への問題の共有等にStreet View trusted photographersをご利用ください。
認定プログラムチームも含めて常に、皆様からあげられる問題やリクエストなどを確認させていただいております。
「SVTPボード」より抜粋

と言うことですので、「自己紹介スレッド」に「悩み事」や「困り事」を簡単に記してください。「SVTPボード」には、「トップ」なんちゃらは存在しませんが、経験豊富なユーザーからの良きアドバイスを期待できるでしょう。その会話は、次に訪れるユーザーに大いに参考となります。もちろん、日本語でお書きになってください。英語が堪能な方は、世界中のユーザーから歓迎されるかもれませんよ。

How to use LGC SVTP board

My settings : Preferences

ニックネームを設定したついでに、英語の表示を日本語に変更しておくと安心できるかも。ふぁんトントは、英語力を自慢するワケではありませんが、日本語だと道に迷ってしまいます(笑)

挨拶と自己紹介の注意点

How to use LGC SVTP board

返信を入れる

挨拶と自己紹介」は、先に紹介した「自己紹介スレッド」へ「返信」を入れる形でお願いします。「返信」は各投稿の右下に表示されます。投稿はかなり増えており、2017.10.13現在で31頁を数えます。最後まですべてを読む必要はありません。どの投稿でも構わないので、「返信」をクリックすると入力欄が表示されます。完了したら「投稿」をクリックしましょう。

How to use LGC SVTP board

検索

「自己紹介スレッド」が見つからない場合は、画面上部の検索窓に「自己紹介」と入力すると、候補がいくつかドロップ・ダウンします。先日、誤ってスレッドが重複してしまいました。多分上側のをクリックすれば大丈夫だと思います。基本的にどちらでも結構です。間違いや失敗も、また一つの貴重な情報、エクスペリエンスと心得ましょう。

重複スレ立てを防止する!
検索窓の下にある「START A DISCUSSION」または「トピックを開始」をクリックしないでください。

僭越なことを申しました。「START A DISCUSSION」のボタンは、「スレ立て」を行う際に使います。「挨拶と自己紹介」が終わったら、存分にスレッドをお立てになってください。有益な情報をお待ちしています。

「タグ付け」を覚えよう!

How to use LGC SVTP board

タグ : tag

英語で”tagging”と呼ぶこの機能は、広大な「ローカルガイド・コネクト」の世界で他人を呼び出す際に使います。あまり多用し過ぎるとウザく思われます。尤も、海外のユーザーは厚かましいので、そんなことお構いなしですが。。。

How to use LGC SVTP board

タグ付けによる通知

方法は簡単です。入力欄の最初に「@」を半角で入力します。そしてニックネームを一文字ずつ入れると自動検索されて候補者がリスト・アップされます。首尾よく表示されるとクリックして選択するだけ。文字列は自動的にそのユーザーのプロフィールにリンクされ、アカウントに通知されます。

Twitterのメンションに似た機能です。

参考となる既存スレッド

  • むろいけ園地・森の工作館

  • ストリートビュー

    ここで参考となる日本語の既存スレッドをご紹介しましょう。リンクは貼りません。タイトルをコピーして、検索窓へ貼り付けてください。その前に、上掲のようなストリートビューの埋め込み画像をスレッドに表示させる方法をご紹介します。埋め込みはGoogleマップのストリートビュー画像に限り許可されており、また、ストリートビュー認定フォトグラファーの特権でもありますから、大いに利用しましょう。「SVTPボード」以外の一般スレッドでも投稿可能です。むしろ、そちらの方が喜ばれます。


    Johnny EricさんのYouTube

    参考タイトル一覧

    1. 日本語による情報交換の場について&自己紹介など
    2. HELP: パノラマ写真のデフォルトで表示される方角を変える方法は有りますか?
    3. TIPS: Street View App / ストリートビュー・アプリを使いこなす
    4. HDRでおさえる意味と手法について。
    5. サードパーティー製デスクトップツールに関しての情報を交換するスレ
    6. Tips:譲渡に関する情報を書き込むスレ
    7. Easy steps for adding “Caption” on Street View images
    8. How to shoot 360 degrees photo
    9. 認定プログラムチームと、ゲストスピーカーによるハングアウトに参加しましょう!

    ちょっと手前味噌なタイトルも含まれています。それはご愛敬と言うことで、ご容赦願います。「SVTPボード」では、マップ・ヘルプで決して入手できない「最新情報」が飛び交います。全て英語で発信されています。「既知の問題(Known issue)」が上位に表示されている時は、必ず目を通しましょう。”Known Issue”で検索すると多数ヒットするでしょう。以下はその一つで、最近解消されました。

  • Grey /Missing Thumbnails
  • Grey Missing Thumbnails issue

    Known Issue / 既知の問題

    上記以外にも、困ったことや分からないことがあれば、「タグ付け」して投稿してみてくださいね。いつでも、生駒山系から馳せ参じます。

    About me

    ふぁんトント

    では、また。

     - PC ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    Blog Title 20161227
    「鐘の鳴る展望台」でストリートビューのマルチフロア機能を試してみる

    ※この記事では、多数のパノラマ画像をリンクしているため、ページのロードに時間がか …

    Blog Title20160626
    一脚を使った360°パノラマの撮影方法とGIMPを使った編集方法(前編)

    New photo by ふぁんトント G+ / Google Photos G …

    blog title 20160902
    ローカルガイド活動報告「リスティング登録に一言申し上げる」

    ローカルガイド活動報告8月号はちょっと愚痴っぽいです。 8月が暑いのはアタリマエ …

    Kindle Cloud Reader
    Windows10にアップグレードした8インチWindowsタブレットで電子書籍を読んでみる。

    今春に購入した8インチWindowsタブレット(WinBook TW801)を使 …

    Blog Title 20160826
    アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)で360 Photos(パノラマ)を楽しむ方法

    Google ストリートビューでは公開した360°パノラマ写真が50枚に達すると …

    blog title 20170303
    生駒山系ローカルガイドの「地図編集交流会」に参加しましょう。

    https://maps.google.com/localguides/meet …

    Kindle99Yen
    【99円均一】ヤマケイファンにおススメ!Kindleストア雑誌99円均一セール(~5月8日23:59)

    Amazon.co.jpのKindleストア(電子書籍)で『Kindle雑誌99 …

    Google Photo Sphere Camera
    全天球パノラマ写真(Geo-Pano)のススメ

    iPhone5Cで全天球パノラマ写真を撮ってみよう Googleビュー・マップは …

    Blog Title 20170419
    GoThru Moderatorの複数階機能(マルチフロア)を試してみました。

    複数階機能(マルチフロア)機能とは、パノラマ画像を複数連結させて作成したバーチャ …

    Blog Title 20170407
    Panoskin SVE(LCP360)を使ってストリート・ビューに公開してみました

    GoThruに続いてベータ版の提供が開始されたPanoskin SVE(LCP3 …