ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

生駒の古道「信貴山参詣道のまとめ」

   

南北に長い生駒山系にあって、北の宝山寺と南の信貴山・朝護孫子寺は古くから多くの参詣者を集めた聖地として知られています。

東高野街道に立つ道標
起点の道標

交通網の発達してなかった明治・大正期までは、徒歩での参詣はアタリマエのこと。当然、たくさんの参詣道が整備されていました。

http://juantonto.wpblog.jp/ikomakodo-onji/

恩智越ハイキングコースと周辺の旧道探索 | ふぁんトントのブログ

今回は上記の続編記事となります。

スポンサーリンク

恩智周辺のハイキングコース

昨年、恩智周辺のハイキングコースを紹介した際に、今ではあまり使われていないルートをいくつか紹介しています。その中には信貴山参詣道が含まれていました。

十三丁と刻まれた道標(堺道)
石標

初夏から秋にかけては敬遠しがちな山域ですので、冬の到来を待って未踏のルートを歩いてみました。

神宮寺道(ルートE2)

昨年(2015)12月6日に下りで、年末には来迎寺墓地から馬乗池のルートを経て関電道路まで歩きました。ヤマレコはココココ

来迎寺墓地内
神宮寺道(地点1)

自然林が豊か
神宮寺道

風情のある古道の面影
神宮寺道

歩く人が少ないために落ち葉が大量に降り積もってフカフカ状態でしたが、ヤブ漕ぎや危険個所もなく静かな山歩きが楽しめる良いルートです。

恩智中町へのルートとの分岐点(観音分岐)
観音分岐
木製のプレートは消失していました。

時折、マウンテンバイクが駆け下りて来ることがありますが、観音分岐でより駅に近い恩智中町の方へ下ってしまいます。不便さがこの旧道から人を遠ざける原因になっているようですね。

堺道(ルートF)

今年(2016)1月、ついに歩きました。このルートは登り口がどこにあるかが不明だったので、下ってみるしかなかったのです。ヤマレコはコレ

登り口はココ(下ってきて確認)
地点8

結論から言うとこのルートは全くおススメできません。神宮寺道とは対照的に全区間の80%が藪に沈んでおり、その内30%はSクラスのヤブ漕ぎを強いられました。

分岐(地点7)の道標からは「地点8」が消えた。
地点7

意外にも踏み跡と路盤はしっかりしているため、方向を間違わずにヤブを泳いでいけば、視界の開ける場所もあり、古道の面影がしっかり残っています。

草をかき分けて進む
堺道

ヤブを抜けると一瞬古道の面影が、、、
堺道

神宮寺道とも雰囲気は似ている
堺道

このルートのハイライトは何といっても、「左海(堺)初寅講」と大きく陰刻された二基の石碑でしょう。(丁石を兼ねているかもしれません)
初寅講石碑

この石碑が立つ登り側はスズタケが道の両側に立ちはだかり、突入するまで道があるとは分からないでしょう。
堺道

旧道は現在の地理院地図に描かれている破線道から南西の尾根道を下っていたと思われますが、道跡はおろか破線道の尾根道も確認できませんでした。

破線道は途中で消える
堺道マップ

尾根上はササ藪が倒れ込んで通行困難
堺道

消防組合の巡視路もこの地点から北の谷へ下っており、最後は堰堤を越えて堅下北中学校の北東にある溜池の階段に通じていました。(GPSログの軌跡参照)

堰堤の手前で古墳らしきものを発見したが。。。
古墳

今冬中にもう一度下からチャレンジできるでしょうか。かなり覚悟が必要です。

今後の課題として

今昔マップなど古地図で確認できる信貴山参詣道は全て歩くことができました。今後は「高安城を探る会」の資料集で得られた小ネタを中心に追加情報を発信したいと思っています。

天川神社旧社地

高安城を探る会「資料集」より
天川山

恩智惣池から沢沿いに登っていくルートは、同資料によれば「天川道」と呼ばれ大正元年頃できた道で、天川神社南尾根を登る険しい道とされています。恩智神社の奥宮とされる天川山に「天川神社」の石碑(昭和54年)があるとのこと。コイツを確認に行きます。

「恩智新道」ハイキングコースの通行止めは解除された。
恩智新道

天川道は堰堤工事(昭和41年)でルートが付け替えられています。旧道の痕跡が残ってるかもしれませんね。

小字名「上ノ山」付近

やはり「堺道」を下から再チャレンジするしかありませんかね。地点番号の標識からも削除されているので、今後、道が整備されることはないでしょう。そうすると、悪化する一方です。踏み跡が確認できる今のうちに歩くしかありません。

高安城を探る会「資料集」より
上ノ山マップ

小字「上ノ山」の北側斜面に信貴敷津線3号の鉄塔が立ち、山頂には保護石で囲まれた標石があるとのこと。鉄塔側からのアプローチは失敗しました。今度は旧道側から尾根を辿ってアプローチしたいと思います。

最後に一言お礼申し上げます

今回、この地域を歩くにあたりTwitterで様々な情報提供を頂いたminami(@mieao62)さんに感謝申し上げます。初寅講の石碑発見はminamiさんのご助言なしには、到底成し遂げることはできなかったと思います。ありがとうございました。

では、また。

そろそろ必要かな。

 - 生駒の古道 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

起点の道標
恩智越ハイキングコースと周辺の旧道探索

春雨前線で足止めを食らいながらも、河内二之宮・恩智神社に参詣してきました。左近の …

天川神社石碑
恩智越ハイキングコースの成り立ちと旧道探索

近鉄てくてくまっぷ(大阪-4) 「恩智越・信貴山朝護孫子寺コース(約9km)」と …

平坦地
2016新春初詣登山で古道の痕跡を発見す!

今年の初詣は久々に枚岡神社で行いました。正月の三日間は参拝客でごった返すので、毎 …

立石越本道
意外とあっさり完了した「立石越本道(旧道)の探索」

2016年2月中旬の下見から始めた「立石越本道(旧道)の探索」が無事に終了しまし …

生駒の古道
生駒の古道ー生駒市古道調査ー

生駒民俗会(会長:今木義法氏)より、平成22年から生駒市内全域の古道調査を実施し …

道標
生駒の古道「古堤街道とその現状<前篇>」

昨年(2014.03)、生駒民俗会は生駒市内の古道や街道を紹介した「生駒の古道」 …

天龍寺
立石越ハイキング道の歴史と周辺探索

「西暦663年ごろ天智天皇の命により築城」と伝わる古代高安城への物資搬送路には、 …

生駒の古道「上津鳥見路・春日供物運上路」

今回ご紹介する「生駒の古道」は生駒谷から鳥見谷へと舞台を移します。この地域は神武 …

生駒の古道「高山・伊勢街道を歩く」後編(一休さんの通い路・清水道)

昨年(2014.03)、生駒民俗会は生駒市内の古道や街道を紹介した「生駒の古道」 …

マイマップ
「高安山越十二道」探索の中間まとめをGoogleマイマップでご報告

昨年末から始めた高安山越十二道(楽音寺道 ・十三越 ・おと越 ・おと越南谷道 ・ …