ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

京みち探訪記

      2017/08/08

「生駒の古道」の見てある記です。

参考書は、、

生駒の古道

生駒の古道 -生駒市古道調査- 生駒民俗会

に加えて、

生駒市石造文化財・生駒谷・昭和52年

生駒市石造文化財・生駒谷

の2冊となります。前者は前回のエントリーで紹介しました。後者は昭和52年に発行されたものです。

スポンサーリンク

信仰の道「生駒・京みち」

新旧の資料を持参してのウォーキングです。
最初に「京みち」とは、
近鉄菜畑駅~西菜畑薬師堂~生駒神社(往馬大社)~小瀬橋
ルートマップです。

京みち

京みちルートマップ – クリックで拡大

ヤマレコも参考にしてください。

中菜畑郵便局を過ぎたあたりから出合川沿い西へ進みます。
往時は西菜畑薬師堂が大変な人気スポットでした。
南北の連絡道というよりも、薬師堂の参詣道として、
利用する人が多かったようです。
起点は近鉄菜畑駅西側の生駒川に架かる2本の橋です。

01_清流橋
青流橋と新清流橋

生駒川についても解説が必要ですね。
前回エントリーで暗越大坂街道について触れました。
同様に河川についても、流れている地域によって、
名称が異なる場合があります。

生駒川とは竜田川のことです。
生駒に住む人々は「生駒川」または「大川」と呼ぶとのこと。

02_京みち
市道10号

一分バイバスを横断して京みちに進みますが、
古道の面影は乏しく舗装路を歩きます。
西側には生駒山麓の森が迫っています。

03_名号碑
西菜畑永禄名号碑

左手に中菜畑郵便局が見えてくると、その向かいにありました。
「生駒の古道」(以降、「古道」と略します)によると、
この先の太融寺にあったものを移設したとのこと。
理由は伝染病の平癒祈願と言いますから、かなり昔の話でしょう。
名号碑に関して「生駒谷」(生駒市 石造文化財)
(以下、「生駒谷」と略します)の記述では、

「砂ぼこりをかぶってござるが立派なものである。」

と紹介されています。

確かに郵便局の隣が空き地でバスの方転所らしい。
しかし、見た感じでは汚れた様子はありませんね。
それどころか、掃除道具もあってキチンとされています。
紀年銘は永禄十一年三月十三日とのこと。

永禄十一年のエピソードとして、松永久秀の信貴山城への入城、
織田信長が将軍義昭を奉じての入京が紹介されています。
いずれにしても血なまぐさい時代であり、当時の民衆が
いかに平和を渇望していたかを今日に伝える石碑なのです。

04_菜畑薬師1
神楽橋(出合川)

「古道」の記述に従い二つ目の辻を進んで、
川沿いの道へ出ました。
生駒石搬出のための石出道だそうです。

さて、ここからこのルートの最大の難所(?)です。
何故かと言うとここから薬師堂までのルートが曖昧です。
「古道」でも詳述されておらず、案内図を見よとのこと。

菜畑

菜畑案内図

薬師堂の位置はずっと西側のようです。
しかし、この地図やっかいですね。

南北が逆さまで、なかなか位置関係が把握できません。
住民表記があるのは助かります。

ここまでストビューなどで下調べしてますが、
さすがに表札まで見ることはできませんので。
(たまに写ってることもあります)
とりあえず、川沿いに歩いて行くことにしました。

06_菜畑薬師3
生駒山と宝山寺

田植えが始まっているようです。
田園風景の背景は生駒山と宝山寺の般若窟です。
大阪側では見ることのできない景色ですね。

07_菜畑薬師4
合流手前

地図で見た合流手前です。
08_菜畑薬師5
菜畑参道

合流したところは、以前に菜畑参道を歩いたルートです。
橋を渡ってしばらくのところに道標が立っています。
この場所にも案内図があるので、再度確認しました。

09_菜畑薬師6
西菜畑薬師堂へ

何度見てもイメージが掴めなかったのですが、
参詣道の道標から反対方向に進むようです。

10_菜畑薬師7
薄暗い道

地図で見た「奥野さん宅」の前を通過しました。
迷いながらも合っているようです。

11_菜畑薬師8
西菜畑薬師堂

石だたみの参道を登って行くと正面に薬師堂がありました。
かなり奥まで登ってきてます。
荒れた様子もなく、立派なお堂に手水と灯籠が左右にお出迎え。

峯の薬師(鬼取・鶴林寺)、枯木薬師(北新町)とともに、
三大薬師の一つとされ、信仰の厚さを伺わせます。

12_菜畑薬師9
傍らの石仏

「生駒谷」では、「奥菜畑薬師さん」と紹介されています。
「傍らに石箱地蔵一体と新しい丸彫地蔵立像が坐す。」と
あるのですが、これが石箱地蔵でしょうか?
新しいものは見当たりませんでした。

13_菜畑薬師10
薬師堂

お堂は綺麗です。手入れも行き届いてますね。

14_菜畑薬師11
薬師坐像

鎌倉時代の作で、元は疫病払いを祈願して造られたそうですが、
近年は子宝祈願で訪れる人が多かったようです。
「生駒谷」によると、左の折損部は天災が原因らしい。
半肉彫りであること、頭光が二重彫りになっているのが、
室町期以前の造作を推論する根拠のようです。

ですが、紀年は定かでないようです。
さらに「乳の薬師」として錐をお供えする風習があるそうです。
この「錐」って何でしょうか?

ググってみると、大工道具のようなんですが、
これが、「古道」の言う子宝祈願と関係があるのでしょうか?
そもそも「乳」となんの関係が? 謎だらけです。

15_菜畑薬師12
馬の足跡石

お堂から伸びる道を登って行って見つけました。
あたりは石積みがあり、棚田跡のようです。
「古道」によると馬に乗ってきた薬師如来が石の上に降りたときの
馬の足跡だという言い伝えがあるそうです。
「生駒谷」では神足石と紹介されています。

いずれにしても案内板などないので、間違ってるかもしれません。
薬師堂から南東へ菜畑参道を経て京みちを進みました。
稲葉山と呼ばれる付近を通過したと思いますが、
菜畑城の跡などは残ってないようですね。

16_道標
道標

生駒神社北東隅にある道標です。
実は、以前に見つけていたのですが、
「すぐ京ミち」の銘を読み取れていませんでした。
その代わりに、背面を強引にのぞき込んで、
「安政五年」と読めていたようです。

17_生駒神社
馬駆道

昔はこの道で馬駆け神事が行われていたそうです。
神社の東斜面に四世紀ごろの居館跡があるそうなので、
見学しようと思いましたが、神社で何かの行事があるらしく
人が大勢集まっていたので、諦めて先に進みました。

18_西一分1
西一分地蔵堂

公園の横にある地蔵堂です。ここも綺麗に整備されています。
19_西一分2
天文種子十三仏板碑

かなり風化していてほとんど読めません。
「生駒谷」によれば、四列に十三仏が刻されていて、
紀年は天文二一年十二月とのこと。

20_西一分3
地蔵石仏

真ん中のお地蔵さんです。紀年はありません。

21_西一分4
笠石箱地蔵

右端のお地蔵さんです。こちらも紀年なし。
公園でお昼ごはんの弁当を食べ、
まっすぐ南に進むと、
第二阪奈道路の高架が見えてきました。

22_文殊川
道路工事のお地蔵さん

文珠川と交差するあたりに、南向きで立っておられます。
道路工事の際に、発見されたものだそうです。

23_竹林寺
竹林寺古墳

「ついでに」と言うと失礼なのですが、
京みちをそれて、竹林寺に参拝しました。
行基さんのお墓で有名ですね。

24_関地蔵1
有里・関屋の地蔵

お地蔵さんの頭部です。損傷と風化が激しいようです。
このあたりに関所があったらしいです。
関屋の由来と言われています。

25_関地蔵2
有里・関屋の地蔵

今度は右半身です。肉彫りの立派なお地蔵さんです。
石工の工房があった場所とも伝えられていて、
石屋が「せきや」となり、関屋に転化したとも。

26_関地蔵3
有里・関屋の地蔵

最後に正面から。お地蔵さん、見えません。
前方の台が激しくジャマ。。。
動かそうと思いましたが、固定されてます。
「生駒谷」では正面から全景の写真があるので、
最近に設置されたのでしょうか?
どけてまで撮影するほどバチあたりじゃないので、
諦めました。

献花や線香を風雨から守るのは理解できるのですが、
お地蔵さんは青天井で風雨に晒されてますよ。
ただでさえ損傷が激しいのに。
なんとも中途半端な気がします。

「生駒谷」では、関の地蔵が転じて
せき(咳)の地蔵となったことが紹介されています。
地蔵さんは何かと頼られて大変ですね。
地蔵立像に紀年はないようです。

27_消防署
南消防署

消防署と学校が見えてきました。
この間を抜けて暗越街道に合流します。
小学校の西側にある細い路地のような道を通りました。
このあたりの古道は失われて定かでないようです。

28_道標2
道標

暗越街道と合流しました。
写真の道標は、宝幢寺への道しるべです。
ここで「京みち」は終了です。
ほとんど舗装路です。

正直、古道の雰囲気はありません。
道は消えても、石仏は大切にされており、
信仰は今も息づいているようです。
まさに、「信仰の道」と言えましょう。
次回は、矢田道を歩いてみたいと思っています。
(2014.05.24)歩く


スポーツ&アウトドア : バイヤーおすすめアウトドア用品 : 登山・クライミング

 - 生駒の古道 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

丁石
宝山寺参詣道「ハチエモンが訛って八丁門とはコレ如何に?」

起伏の少ないお陰でハイキングコース特有の丸太階段がなく、木陰をくねくねと歩くコー …

おと越
今年最後の山歩き

今年最後の山歩きは、高安山越十二道の中から「おと越」をチョイスしました。来年早々 …

あじさい
矢田寺(あじさい寺)・矢田道探訪

前回に引き続き「生駒の古道」(以下、本書と言う)の見てある記です。 今回の参考書 …

立石越本道
意外とあっさり完了した「立石越本道(旧道)の探索」

2016年2月中旬の下見から始めた「立石越本道(旧道)の探索」が無事に終了しまし …

道標
生駒の古道「古堤街道とその現状<前篇>」

昨年(2014.03)、生駒民俗会は生駒市内の古道や街道を紹介した「生駒の古道」 …

弥勒寺三尊仏
生駒の古道「見どころが多い富雄川沿い・三碓から奈良中町」

「生駒の古道-生駒市古道調査-(発行:生駒民俗会)」(以下、本書と言う)では、生 …

地蔵立像
幻の古道を歩く「暗峠・宝山寺道」

延宝6年(1678年)に湛海律師により創建された宝山寺は、聖天信仰により発展し周 …

生駒の古道
生駒の古道ー生駒市古道調査ー

生駒民俗会(会長:今木義法氏)より、平成22年から生駒市内全域の古道調査を実施し …

日下直越道
生駒の古道・番外編「日下直越道」

地元の人は直越を「じきごえ」と読むのだそうです。生駒の古道・番外編として、「日下 …

起点の道標
恩智越ハイキングコースと周辺の旧道探索

春雨前線で足止めを食らいながらも、河内二之宮・恩智神社に参詣してきました。左近の …