ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

生駒山系の巨石遺構PARTⅡ

      2016/10/13

BlogTitle_20160927
マイマップで紹介する「生駒山系巨石遺構」の続編をお伝えします。当初は、「生駒山系なんでもマップ」と題して情報の蓄積を始めました。しかし、対象を絞るために「生駒山系巨石遺構分布図」と改題いたしました。

マイマップ – 生駒山系巨石遺構分布図

今後も情報の追加を継続します。今回は新たに訪問したり、リスティングを追加した場所の紹介です。

スポンサーリンク

生駒山系巨石遺構分布図

Googleマップ – 360°パノラマ

マッピングを始めたきっかけは、初夏に訪問した「田原砦遺構八丁岩(生駒市北田原)」です。ここは、Googleマップのリスティングがなく、撮影した360°パノラマ写真の登録場所に窮していました。登録依頼に対して、理由不明の「却下」を喰らっていたようですね。

Googleマップの機能追加で「編集タブ」より状況が確認できるようになりました。(Web版とAndroid版アプリ)

今まではメールが来るのを「ひたすら待つ」のみでしたが、結果が出てるなら「再挑戦」あるのみ。ちょっと名前を変えてみたところ、見事登録されました。「めでたし、めでたし」

最近登録したスポット

ここからは最新情報です。(と言っても、情報そのものは古い)「巨石」としての大きさに定義はありません。しかし、遺構というからには、人の手が加わったり、信仰としての対象物、神話や伝承が残る等、特別な名称を有するモノに限ります。

  • くろんど園地八丈岩
  • 薬師如来坐像(国宝)で名高い獅子窟寺、境内にも巨石が散在しています。そこからくろんど園地へ向かう途中で「八丈岩」の横を通ります。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    岩盤にステップが刻まれているので、上部からの眺めを楽しめました。しかし、北田原の「八丁岩」と比べると半分ぐらいの大きさですね。八丈と八丁では大違いですから。

  • 春日神社磐座
  • 善根寺の旧村社「春日神社」は、日下直越道の登り口とされる場所です。慈雲尊者の筆による刻字額が、神社の歴史を物語っています。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    本堂の横に磐座が祀られていました。明治10年頃、生駒石を運搬するために八丁門峠(灯篭ゲート)までの道路が開通しました。今は阪奈道路で二ヶ所分断されています。

  • 八幡山八幡宮
  • 阪奈道路上り線を横断、しばらく歩くとほどなく八幡山霊場に到着します。巨大な岩塊を開削した場所に、八幡山霊場の石碑と地蔵屋形がありました。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    石碑後方から岩上に登れます。しかし、ちとキケンなので、もう少し歩いて正面の参道石段を上がりましょう。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    人の気配はありません。整理が行き届いていることから、定期的にお世話される方がおられるようです。

  • イノラムキ古墳
  • 生駒山系において、「古墳」を「巨石遺構」に加えるとキリがありません。生駒山系は「高安千塚古墳」と呼ばれるように、無数の古墳が遺されています。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    ここ「イノラムキ古墳」は標高300mという高地に位置し、規模がかなり大きい。約1300年前の古墳時代に遡れば、先人の苦労が「どれ程のものだったろうか」と偲ばれます。

  • 北嶺巨石遺構
  • いこまかんなびの杜」さんのサイトによれば、信貴生駒スカイラインの料金所を南へ過ぎたあたり、岩塊が散在する周辺を「哮ヶ峯」と古呼されるとのこと。さらに、注連縄が掛けられた巨岩を拝する行者の姿を伝えています。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    折しも夏の終わりで、周囲は雑草で覆われていました。人工の石造遺物と推定できる痕跡を確認することは不可能。(撮影も辛かった。。。)

    しかも、数年前に一度訪問しただけで、場所すら思い出せない始末。この夏2回目のトライで再会できました。冬枯れを待って、もう少し詳細をお伝えしたいと思います。

  • 久曽麻留(クソマル)石
  • 面白いネーミングの石ですね。この程度の大きさなら、他にもゴロゴロしてるのが生駒山系。しかし、この岩には、とある伝承が残されていました。(パノラマ画像を足元に向けてご覧ください)

    Googleマップ – 360°パノラマ

    それは、「役行者が前鬼と後鬼の髪を下ろさせ、従者とした」というモノ。この岩を砥石替わりにしたと云うのです。(出典:生駒の古道-生駒市古道調査-生駒民俗会、平成二十六年)

  • Google マップ – パノラマ駐車場
  • 生駒縦走道の途中にある「パノラマ駐車場」から、暗峠方面へ少し下った場所です。

  • 清の滝石仏群
  • 古墳同様に、「磨崖仏」も数え出したらキリがありません。しかし、指定文化財として保護される程のモノは、そんなに多くありません。

    ここについての説明は別館「生駒の石仏」サイトでお楽しみくださいね。

    http://ikomasekibutsu.blogspot.jp/2016/08/kiyotaki-narukawa.html

    千光寺旧参道と清の滝石仏群「平群町指定文化財」(平群町鳴川)|生駒の石仏 ; Stone Relics in IKOMA

    link

    矢田丘陵エリアは『生駒山系ローカルガイド』のテリトリー

    9月度の活動で間に合いませんでしたが、矢田丘陵エリアの情報を充実させようと取り組み強化中です。一つは、アウトドアの新定番「YAMAP(ヤマップ)」へガイドマップの作製を提案すること、もう一つはリスティングへの情報追加ですね。主に360°パノラマ画像を提供したいと思います。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    今月の活動報告に間に合わなかったのは、上の場所で撮影していたところ、「キイロスズメバチ」に刺されたため。かなり痛かったです。今も傷跡が残ってます。軒下の巣に気付かず、優雅にお茶を飲んでいました。。。

    「備えあれば患いなし」

    スマホを使っての360°パノラマ撮影は、時間がかかります。滞在時間が長くなるので、要注意ですよ。対策は万全にしましょ。(そんなの、オマエだけやろ)

    矢田寺参詣道

    脱線しました。矢田丘陵エリアでも、生駒山系同様に歴史、古道、遺跡、自然、etc…が豊富なので、これからの季節はおススメです。

    乙田の名刹「石福寺」の十三仏板碑などを見学して、地蔵信仰で知られる矢田寺を目指しましょう。

  • 矢田の大石
  • 生駒川(竜田川)のほとり旧乙田村と矢田寺を結ぶ参詣道は、大阪/奈良郡山間の重要な街道として大層にぎわいました。矢田寺にほど近い場所に、大岩が道を遮るように佇んでいます。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    最初に見た時は、「大きな落石があったんだ」と思い駆け寄りました。しかし、この大岩は太古の昔からここに鎮座しているようです。「大海人皇子が矢田寺で戦勝祈願した後、馬に乗って山の頂上から東へ飛び降り、この石に足形がついた。」とする伝承が残されています。

    Googleマップ – リスティング情報

    先に紹介した「いこまかんなびの杜」さんによると、東西に線を引くと生駒山系の尾根上にある「夫婦岩」に突き当たると紹介されています。不思議ですね。

    さて、今回はここまで。秋冬は本格的な山歩きシーズン。ローカルガイドの活動も忙しくなりそうです。皆さんからのタレコミは大歓迎。生駒山系のコミュニティへ情報を投稿なさってください。お待ち申し上げます。

    では、また。

    http://juantonto.wpblog.jp/ikoma-stone-relic/

    生駒山系の巨石遺構 | ふぁんトントのブログ

     - 山歩き , ,

    ad

    ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    Blog title20161020
    アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)のデータ通信料を節約する方法

    「データ通信料を節約する」と題していますが、これはとても曖昧な表現です。携帯電話 …

    blog title 20170602
    2017年の夏山対策(防虫、熱中症)

    ここ数日、雷と風を伴うプチ豪雨が2回やってきました。梅雨入り宣言こそまだですが、 …

    Blogtitle20160918
    開催まで一ヶ月を切ったよ!「生駒チャレンジ登山大会2016」

    おおさか山の日プレイベントとして、「生駒チャレンジ登山大会2016(2016.1 …

    鳴川休憩所
    生駒山系に秋がやって来た

    秋晴れの快晴の下、大勢の参加者が集う「生駒チャレンジ登山大会」が行われました。こ …

    あじさい
    大阪府民の森・あじさい園(ぬかた園地)を100パー楽しむためのガイド

    あじさいまつり2016年バージョンはコチラ 大阪府民の森・ぬかた園地では、毎年6 …

    角屋
    菅笠日記のみちを歩く

    – 江戸時代のヤマレコ「菅笠日記」を読んでみる 本居宣長のヤマレコ、 …

    マーキング
    美の谷訪問記その1(前編)

    平成三年に平群町教育委員会が刊行した冊子を参考に、美の谷を訪問してきました。 美 …

    Blog Title 20161021
    生駒山系のイベント情報・2016秋シーズン

    紅葉シーズンに向けて生駒山系のイベント情報をピックアップしてお届けします。 20 …

    Google Cardboard
    生駒山系で体験した「山怪」な話

    「山怪 -山人が語る不思議な話(著者:田中康弘氏)」(以下、本書と言う)という書 …

    航空灯台
    龍王山に残る戦前の航空灯台跡

    昭和初期(昭和7,8年)になると、郵便物等の運搬を航空機で夜間に定期的に行うよう …