ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

「生駒山系まるごとハイキングマップ」リニューアルのお知らせ

      2017/04/12

blog title 20170301

大阪府民の森を管理する「大阪府みどり公社」は、「生駒山系まるごとハイキングマップ」を販売しています。その地図がこのほどリニューアルされて、なるかわ、むろいけ、ほしだ、くろんどの各園地案内所にて一冊600円で販売されています。

地図を広げると半畳ほどの大きさで、文字も大きく表示されとても見やすいです。地図の右側には「くろんど、ほしだ、むろいけ、くさか、ぬかた、なるかわ、みずのみ」の各園内マップが付属しています。

Googleマップ – ストリートビュー

「良き地図に、良き情報が集まる」
ふぁんトントの大好きな言葉です。誰が作ったのでしょう?

「生駒山系まるごとハイキングマップ」の入手方法など、詳しくは大阪府民の森のウェブサイトでご確認ください。

スポンサーリンク

府民の森を歩こう、、、その前に

地図は両面となっており、南北に長い生駒山系の全エリアを網羅しています。北端はJR学研都市線「藤阪駅」、南端はJR大和路線「高井田駅」、この広いエリアに「らくらく登山道」や「生駒縦走歩道」などの主要ルートの他、合計24のハイキングルートが紹介されています。

第35回生駒山麓ウォークの様子


youtube1

昨年(2016)行われた生駒山麓ウォークでは、「なるかわ谷」コースの平群町側で行われました。園地の管理を大阪府の公社が行っているにも拘らず、行政の垣根を越えて行われるのが、このイベントの大きな魅力。ヒトの作った境界線なんて関係ナイナイ。今年は、どのコースで行われるでしょうか。地図を眺めて妄想するだけでも楽しいです。

ノドから手が出るほど欲しかった生駒の地図

山の地図と言えば、昭文社の「山と高原地図」が有名ですね。インターネットが普及して売れなくなったものに、「観光ガイドブック」が挙げられます。「〇〇ガイド」という名称は売れないモノの代名詞。ひょっとしたらローカルガイドもヤバいか?


App Store

そんなことはないでしょうけどね。スマホ・アプリ版の「山と高原地図」はダウンロード数がダントツです。さすがに人気地図です。当方はiPad2の大きな画面で使っています。

しかし、近畿の地図はNo45.~N0.50まで5冊あるのに、ど真ん中の生駒山系は抜け落ちて、取り扱いがありません。これには、とても不満を感じます。連携するヤマレコから遠ざかる原因ともなりました。そこで、今回入手した「生駒山系まるごとハイキングマップ」を手に取ってみると、その縮尺は1:20000で等高線は10m間隔です。一方の「山と高原地図」では1:50000となっており、見比べるとこの差は歴然。両者がわずかに重なる「屯鶴峯」で比較してみました。

「生駒山系まるごとハイキングマップ」の方が大きくて見やすいです。しかも、「山と高原地図」同様に、水に強くて破れにくい耐水ペーパーを使用しているとのこと。もう、これで不満は一気に解消です!

※「山と高原地図」をDisるのが目的じゃありません。それぞれに一長一短あります

府民の森を歩こう、、、やっとかよ。

なるかわ園地では、らくらくセンターハウスで販売中。(一冊600円)

Googleマップ – ストリートビュー

さて、24もあるコースの内、どれから歩こうかなとニヤニヤしながら、自転車に乗っていて転倒しました。地図を買いに行く途中の話です。顛末はリンク先の「YAMAP活動日記」にて。

https://yamap.co.jp/activity/705531

新版!生駒山系まるごとハイキングマップ・府民の森を歩こう |YAMAP 登山・アウトドアの新定番

link1

と言うワケで、しばらくは山に行けない状態が続いています。ケガから一週間経ちました。クヨクヨしていても仕方ありません。これは「天の御意思」です。自分を見つめ直す良い機会になりました。ストリートビュー公開に使用する編集ツールがリニューアルされようとしています。当方は縁あって、ベータ版を試用させていただいています。その過程でいろんなツールの存在を知りました。今回は、「生駒山系まるごとハイキングマップ」の北端にあるくろんど園地を舞台にその成果をFeedbackしたいと思います。

※少々マニアックな話を含みます。興味のない部分は読み飛ばし、バーチャル・ツアーだけでもお楽しみください。

府民の森・くろんど園地

くろんど園地は交野市の南東部に位置し、JR学研都市線「河内磐船駅」と京阪電車「私市駅」などを起点にした4本(かいがけの道、傍示の里、獅子窟寺、月の輪滝)のハイキング道と、くろんど池北辺の遊歩道を合わせた5本のルートがあり、園地内にバーベキュー広場やアスレチックなど、楽しめる場所がたくさんあります。

  • くろんど園地休憩所&案内所
  • Googleマップ – ストリートビュー

    上掲のストリートビューは「くろんど園地」の最南端にある休憩所です。内部をご覧いただくと、その広さを実感して頂けます。案内所は通常無人です。地図の販売は北辺にある交歓広場(バーベキュー広場)近くの案内所で行われています。

    GoThru Moderator(beta)によるバーチャル・ツアー

  • https://tourmkr.com/t3SiquFRug
  • GoThru Hosted Tour

    GoThru Moderator(beta) – Hosted Tour

    GoThru Moderatorは、Street View Publish APIを元に開発が進められており、4月からは全てのストリートビュー認定プログラム参加者が利用できるツールとなります。現時点のベータ版では、Googleマップへ公開できないので、GoThru社がホストするツアー形式で作成しました。左上のMenu表示が本家と違うところ、動きも読み込みもスムーズですね。

    開発者Al Bugさんの操作デモ(皆さんお待ちかねの複数階機能)


    youtube2

    THETA 360.biz リコーのクラウドサービス

    theta360.biz – パノラマツアー

    RICOH THETA S/SCは、日本発のデバイスとして秀逸です。スマホとの連携や関連するソフトウェアも使いやすい。何と言っても小型・軽量なのが嬉しいところ。この手のクラウド・サービスが、日本にないことが不思議でした。Googleマップのストリート・ビューに注目が集まる中、活用事例がビジネスユースに偏ってることが原因だと思います。上掲のツアーを弄り回していただければ、その利用範囲の広さに気が付くはずです。

  • 管理画面
  • 当方は月間500PVまでという制限のある無料プランを利用しています。その内容を詳しく見ていきましょう。上掲の管理画面からシータで撮影した画像と、間取り図(見取り図、つまり平面図または配置図と考えてよい)をアップロードします。シータ画像を前提にしているので、Stitchingなどのプロセスはありません。

    ※アップロードは一枚ずつの方が良いみたいです

  • 編集、その他
  • アップロードが完了したら、画像を平面図にドロップして適切な位置に配置、画像ごとにテロップ、アノテーションなどを入力、間取り図上のタブを切り替えて画像間をリンクします。(リンクしなくてもよい)矢印はドラッグで好きな位置へ配置可能。これが、とてもやりやすい。ストリートビューでは、最も時間のかかる作業が、一瞬で終わります。

  • ツアーの管理
  • 編集が終われば公開、または一時保存します。すぐに公開しても、この画面で非表示にできるので、公開後に出来栄えを確認しながら再編集可能。埋め込みコードもここから取得します。PV数制限の管理も容易ですね。

    https://theta360.biz/ja/

    THETA 360.biz

    link

    やっぱり日本発のツールだけあって、細かいところに手が届いています。作成側だけでなく、見る側にとっても、繊細な配慮が感じられます。ストリートビューや、海外発のツールにない「分かり易さ easy to use」を実現しています。このツールを使って、各園地をバーチャルでご案内できるようにしようと計画中ですから、手のケガが完治するまで、今しばらくお待ちください。

    前回の記事もお読みください。

    amazon

    では、また。

     - 山歩き , ,

    ad

    ad

    Comment

    1. qwr12ten より:

      はじめまして。
      「生駒山系まるごとハイキングマップ」が
      リニューアルされとありましたので、
      大阪府みどり公社のページで確認してきました。
      http://osaka-midori.jp/mori/store.html
      確かにリニューアルされたとあります。、
      その地図画像と私が所有している2013年9月の地図と
      見比べてたですが、ほとんど同じ物でした。
      「峠の茶屋すえひろ」の掲載は以前の地図にもあります。
      どうやらリニューアルされたのは地図ではなく価格のようです。
      「山と高原地図」と同じ昭文社発行の地図なので
      紙質が優れているは重宝します。

      • コメントありがとうございました。
        よく確認もせずに、喜び勇んで記事をアップしたためにハズカシイ失敗をしました。見せしめに、しばらくこのままにするとして、らくらくセンターハウスで聞いた話では、「一般の施設を取り上げた」とお聞きしています。qwr12tenさんが見て、具体的な変更点をもう一度見比べていただけないでしょうか。当方、古いのボロボロで捨ててしまいました。。。
        qwr12tenさんの情報を元に、記事を更新させたいと思いますので、よろしくお願いします。

        • qwr12ten より:

          現物は持ち合わせてないので画像を良く見比べてみました。
          文字は潰れて判読不能なのですが施設の記載位置が以前と
          同じ、コースも以前の地図と同じにみえます。なので、
          正直「どこがリニューアルされたん?」と言いたいです。
          唯一の確認できた違いは挿絵の写真、くろんど園地の写真が
          4枚から1枚減って3枚になったことだけです。

    2. こんにちは~(事務所移転でドタバタしておりました)
      またまた参考になる記事を・・・(いつも何度も読み返しています)。
      常滑市大野町周辺の観光名所マップ制作を本日から開始しています。
      目的は地元観光(主に古い寺院、史跡、観光名所のガイド)で利便性の良いマップのリニューアルです。
      長い間「ローカルガイド」をしている方から要望とアドバイスを頂きながら、より良いものをつくろうと頑張っています。
      いずれ、自分も(ほんとの)ローカルガイドができたらなぁと思っています。

      • コメントありがとうございます。
        怒られたかと思うと、褒められたり。。。明日は撮影に出かけようと思っています。ちょっと面白いアイデアが浮かんだもので。。。

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    ササユリ
    初夏の生駒山系2016

    初夏の生駒山系は風景や植物を観察するのが楽しみです。梅の伐採が決定した枚岡梅林の …

    Blog Title 20170124
    「横小路道」- 「高安山越十二道」は『探索』から『整備』へ

    二度目の冬を迎えた「高安山越十二道」の探索、横小路道の雌滝・雄滝の見学を無事に終 …

    20161108
    SOTOレギュレーターストーブST-310の季節がやって来た。

    カセットコンロ等で使うガス缶(カセットガス)を使用する「SOTOレギュレータース …

    七年ぶりの泉州小富士山

    泉州小富士山からお菊山周辺を歩いてきました。 2014/3/16 泉州小富士山~ …

    ハッカ油と無水エタノール
    ハッカ油の虫除けスプレーを自作して夏対策を準備するの巻

    台風6号が通りすぎて真夏日がやって来ました。日本列島からは雨雲が消え、全国的に気 …

    ヒバ油の虫除けスプレーで夏山歩きを快適にする作戦

    青く鮮やかなアジサイの花を見ると夏本番を感じます。夏の山歩きでは、顔の周囲を飛び …

    河内飯盛山
    飯盛山の古道を歩く計画

    飯盛山は駅前から手軽に登れる里山(標高314m)として人気のハイキングコースです …

    八丁岩
    北田原の名勝地「八丁岩(田原砦遺構)」を訪ねて

    大阪府交野市にあるゴルフ場「きさいちカントリークラブ」の南端は、奈良県生駒市北田 …

    アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)のちょっと間違った使い方 PartⅡ

    アウトドアの新定番として人気のあるYAMAP(ヤマップ)のアプリが好き過ぎて、「 …

    東ボッテ山
    Android端末とiOS端末で位置情報を共有する方法

    ※最新の記事(Part.2)もご参照ください。 学校でも社会でも「絆」の重要性が …