ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

生駒山系の紅葉にモノ想う

   

今年の生駒山系は紅葉が遅れています。「樹齢200年のカエデ」で名高い髪切山・慈光寺の境内が緑に包まれて、落ち葉を焼く焚火の煙が幻想的な雰囲気を醸し出していました。
慈光寺境内 (Google+ community post)
慈光寺境内
2015.11.28撮影

比較のため、2013年11月28日に撮影した写真も掲げておきましょう。
慈光寺境内2013
2013.11.28撮影

スポンサーリンク

全体に遅めな秋模様

ジョロウグモ
ジョロウグモ
2015.11.01撮影

生駒山系に限らず秋の気配は千差万別、人によっても感じ方は異なるでしょう。ふぁんトントは大きなお腹を抱えたジョロウグモが見事な巣を張りだすと、秋の到来を感じます。例年ですと巣作りは10月いっぱい続いて、11月の中旬以降になるとクモの姿は見えなくなって、巣だけが残されるようになります。今年はどういうワケか、先日の山歩きでも大きなクモを見かけましたね。

多過ぎるモチツツジ
モチツツジ
2015.11.13撮影

しかも、春先に咲くはずのモチツツジをかなりの数見かけました。たまには見かけますが、ちょっと多い気がしますね。気温が高かったせいでしょうか。

雨の降る日が多いようにも思います。

http://www.tenki.jp/forecaster/diary/t_yoshida/2015/11/13/34741.html

11月なのに暖かすぎ? 寒波の到来は(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

紅葉(黄葉)を探せ

こんな年も珍しいと思うので、生駒山系で綺麗な紅葉が期待できるスポットを見て回りました。

野草園(ぬかた園地)

野草園ベンチ付近
野草園

黄色の絨毯は押し入れの中にでも仕舞ってあるのでしょうか。2013年の写真はコチラ

コレは貴重な紅葉(野草園のカエデ)
野草園
2015.11.28撮影

鳴川・千光寺

水車と紅葉
千光寺の水車

意外な穴場でしたね。山門とゆるぎ地蔵尊が改築されて綺麗になっています。様子はGoogle+のフォトアルバムでどうぞ。

Google+ Photo Album; 生駒の風景コレクション

定番の大原山

大原山

ここはオールシーズン期待を裏切りませんね。周辺の紅葉が控えめで残念でした。来年に期待しましょう。

生駒チャレンジの思い出が、、、

500円の認定書
生駒チャレンジ

紅葉(黄葉)を求めて生駒山系を徘徊していると、そこかしこで生駒チャレンジの思い出が蘇ってきました。

管理道と摂可泉ハイキングコースの交差点にて
摂可泉
上部が紅葉していました。

摂可泉ハイキングコースと言えば、タタラ山付近の紅葉が見ごろのはず。2015.11.28の訪問時はまだ緑が残る状態。自然とは気まぐれなモノですね。そして、ココから先の舗装された管理道は、急坂が続いて膝から下へのダメージが大きかった。意外な難所です。

鳴川休憩所付近
鳴川休憩所

ここは目標としていた中級のゴール地点。予定よりも早く到着できたので、脚に爆弾を抱えながら上級コースを目指しました。

万葉植物展示園付近
万葉植物園
この上り坂は、上級コース最初の試練です。

鳴川休憩所からは一転して山道となります。背中が土まみれのトレイルランナーが、ここで苦しそうに倒れ込んでいました。係りの方が心配そうに駆け寄るのを横目で見ながらゆっくりと通りすぎると、やがて鳴川峠あたりで追い越して行かれましたが、そこまでして走りたいですかねぇ。

新装なった千光寺の山門
千光寺
千光寺は元山上と呼ばれ、大峰山同様の行場が点在する。

生駒はかつて修験者が駆け巡った地です。役行者の精神がトレイルランとして現代に蘇ったとしか思えません。ほとんどのランナーがマナー良く走っておられたのが印象的でした。

復活!「地図ロイド+SONY SmartWatch2」

SONY SmartWatch2(SW2) 2013年発売のスマートウォッチ
SW2

やっぱり便利でした。しばらく使えない環境が続いて再認識しました。チラ見時計も必要だし、地図ロイドや山旅ロガーとの連携はマストアイテムです。最新のSmartWatch3ではなく、SmartWatch2がおススメですよ。

山旅ロガーでの記録取得を終了した直後のバッテリー残59%
ScreenShot
この日は8時間44分歩いています。
ヤマレコ「紅葉を求めて生駒山系を徘徊する」

前回の記事で紹介したシンプルスタイル(ソフトバンクのプリペイド携帯)のSIMカードを入れて、山旅ロガーの「電波情報を記録する」の機能を使ってみました。端末の仕様上Band1(2100Mhz帯)の電波しか拾えませんが、バッテリーの消費は10%強増えたのみ。今後の山歩きに楽しみが増えました。

この続きは、また。

まだ入手可能!

 - モバイル, 山歩き , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ショートニーラップ
ヤマケイ2015年4月号の膝痛特集を読んでマクダビッドのショートニーラップを買ってみた

山歩きの天敵は何と言っても膝痛です。特に歩き始めに膝がカクカクして力が入らずに困 …

宝山寺と千光寺を結ぶ行者道
庄兵ヱ道(庄兵衛道)-宝山寺と千光寺を結ぶ行者道(前編)

平成8年に刊行された「新ハイキング関西の山(廃刊)29号」に寄稿された「特選コー …

Blog Title 20170111
「楽音寺道」- とうとう完成した「高安山越十二道」の探索

2015年末から始めた高安山越十二道の探索は、最後に残った楽音寺道を無事に歩き終 …

「ドルメン(大窪・山畑36号墳)」を探せ!

八尾市の高安古墳群には、約三百基を越す横穴式石室の古墳が存在すると云います。畑の …

マーキング
美の谷訪問記その1(前編)

平成三年に平群町教育委員会が刊行した冊子を参考に、美の谷を訪問してきました。 美 …

下峠からの古道を歩く「学文峰と井谷ノ峰」

新ハイキング関西の山(1999年44号)の特選コースガイドで紹介された「静かな尾 …

Blog Title 20170124
「横小路道」- 「高安山越十二道」は『探索』から『整備』へ

二度目の冬を迎えた「高安山越十二道」の探索、横小路道の雌滝・雄滝の見学を無事に終 …

Blog Title 20170403
ザ・メイキング「三つの船石探訪記」バーチャル・ツアー

※今回の記事ではストリートビュー画像を多数埋め込みしていますので、通信環境の良い …

信貴山日没
ナイトハイクでPL花火の鑑賞を計画してみる。

台風が通過して梅雨が開けたと思ったら、またジメジメした長雨が続きました。週末には …

出店橋
生駒の古道・精華町最高峰「嶽山(259.5m)」の登頂に成功する

昨年(2014)刊行された「生駒の古道(生駒民俗会著)」(以下、本書と言います) …