ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

全天球パノラマ写真(Geo-Pano)のススメ

      2016/05/28

iPhone5Cで全天球パノラマ写真を撮ってみよう

Googleビュー・マップは、2015年8月に廃止になりました。
全天球パノラマ写真とは、360°上にも下にも繋がった写真のことで、グーグルマップのストリート・ビューを見るような写真のこと。横に長いだけのパノラマ写真と違って、その場所に立って見ているような感覚になります。グーグルマップに一般公開された全天球パノラマ写真を見ると、方位も表示されるのでどの方向の風景かも分かります。

Google View

小窓に方位が表示される|グーグル・ビューより

これはスゴイ!

スポンサーリンク

キッカケはヤマレコのキャンペーンだった。

全天球パノラマ写真(以後、長いのでGeo-Panoと略します。)は、昨年、ヤマレコのキャンペーンで参加した時に、初めて撮影してみました。

昨年のヤマレコ

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-479672.html

清滝街道~清滝山(眼鏡山)~緑の文化園~龍間~生駒山麓公園 [山行記録] – ヤマレコ

ちと写真大杉。

これはわかりやすい。コンパクトな記事です。

http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=725

360度パノラマ写真の撮影と、ヤマレコでの共有方法 – ヤマレコ

上記の記事で紹介されている通り、撮影方法としては「RICOH THETA」を使うのが最も簡単で確実でしょう。


しかし、このためだけに3万円はちょっと痛い。飽きて使わなくなったら、実に勿体ないし、その可能性は十分にありました。(正直、めんどくさい。)

実際、ヤマレコのキャンペーンで撮影して以降、全く忘れていたのですが、最近になってまた始めています。以前はマイクロソフト製のPhotosynthを使いました。

iOSアプリのPhoto Sphere Cameraを使う

今回からは、Google謹製のiOSアプリでPhoto Sphere Cameraを使っています。RICOH THETAのような完璧なGeo-Panoは作れませんが、閲覧には十分耐えうるモノが作れます。


鉄塔の脚部がぎこちなく繋がってます。

被写体(撮影場所)によって、得手・不得手はあるでしょう。近くに物体の少ない遠景写真だとRICOH THETA顔負けのGeo-Panoが完成します。

アプリの操作方法はほとんど同じですが、撮影したデータを一連の流れでグーグルマップで一般公開できるのが大きな特徴です。

Geo-Panoはグーグルマップで楽しむ

Google Photo Sphere Camera

一般公開されたGeo-Pano|アプリ画面より

このブログ内に設置してあるように、埋め込み用のhtmlタグを提供してくれるので、さまざまに活用できます。一般公開されるとぐぐたすのフォトアルバムにもハイライトされます。コレは楽しい。今度は長続きしそうです。

Google+ Photo Album

ぐぐたすのフォトアルバム|Google+より

撮りためていく楽しさが違いますし、山歩きをしながら「ココ撮りたい!」と思う場所を探しだすのも面白くなってきた。

コツを掴めば楽チン

Photo Sphere Camera

カンタン操作で手軽に撮影|アプリ操作画面

撮影したデータを自宅でゆっくりアップロード。完了したら位置情報の修正、タイトル、説明文などを編集します。あとは一般公開されるのを待つだけ。

流れとしては、、、

アプリで撮影

合成(所要約3分、機種により異なる)

アップロード

編集

審査(2日程度)

一般公開

こんな感じです。アップロードするだけでは、即、一般公開にならない点が重要。したがって、アップロードしてから、じっくり編集してください。また、審査基準はよくわかりませんが、通常2日もあれば一般公開されるようです。人物の写り込みは注意しましょう。

アプリそのものの操作方法については、スクリーンショットを撮影するのがメンドクサイので、GIGAZINEさんの記事をお読みください。詳しくて丁寧です。

http://gigazine.net/news/20140820-ios-photo-sphere-camera-review/

無料でパノラマ写真を撮影できるGoogle製iOSアプリ「Photo Sphere Camera」の使い方 – GIGAZINE

尚、Androidのスマートフォンの場合は、Google CameraというアプリにPhoto Sphereの機能が統合されています。

最後は動画で〆てみよう

実際に撮影している様子を動画にしてみましたので、ココまで読んたアナタは是非ご覧ください。では、どうぞ。

BGM:フリー音楽素材 Senses Circuit

撮影した全天球パノラマ(Geo-Pano)は、すでにグーグルマップに一般公開されました。PCの方はマウスで、スマホやタブレットの方は指先でグリグリと写真を回してください。足元から上空まで全角度見ることができます。

これからも、山歩きに出かけたら最低でも一箇所は撮影しようと思っています。撮影箇所が増えてきたら、次の楽しみが待っています。

http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=944

Oculus Rift DK2でヤマレコの360度パノラマを楽しむ方法 – ヤマレコ

こんなことができたら楽しいだろうなぁ。
では、また。

記事の内容が陳腐化していますが、記録のため残してあります。360°パノラマの撮影方法などは、最新の記事をご覧頂けると幸いです。

 - PC, モバイル, 山歩き , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Blog title 20170523
初夏の生駒山系2017

季節は一気に「真夏」 しかし、朝夕はまだ涼しく湿度も低めです。好天気が連日続いて …

写真のビューワ機能
地図ロイドMiniで過去の山行記録を管理する。

「地図ロイドMini」はWindowsストアで入手できるメトロ対応の無料アプリで …

Blog Title 20160826
アウトドアの新定番YAMAP(ヤマップ)で360 Photos(パノラマ)を楽しむ方法

Google ストリートビューでは公開した360°パノラマ写真が50枚に達すると …

道標
ふぁんトントの特選コースガイド「瀧寺跡磨崖仏(奈良市大和田町)」

瀧寺跡磨崖仏は矢田丘陵中部の東斜面(奈良市と大和郡山市の境界付近)にあり、高さ3 …

虫除け対決!「ハッカ油vsヒバ油」

夏の低山徘徊には欠かせない虫除け対策。市販の虫除けスプレーには「ディート」と呼ば …

TONE
T-POINTが貯まる格安SIM(MVNO)の「TONE:トーンモバイル」を解約しました。

2012年にサービスが開始されたDTI ServersMan SIM LTEは、 …

ローカルガイド
「飯盛山」-北条古道を全天球パノラマで振り返る

昨年の9月から着手した「飯盛山の古道を歩く計画」は、先日の「北条古道」で漸く一区 …

Blog 20161009
2013年発売のSONY Smartwatch2(SW2)スマートウォッチで新鮮な山歩き体験!

腕時計型のデバイスであるスマートウォッチは、母艦となるスマートフォンを取り出すこ …

Blog Title 20161213
冬季の里山探索は「飯盛山」から「高安山」へ

2016年前半のハイライトは「飯盛山の全ルートを歩く計画」でした。夏の暑い時期は …

美の谷訪問記その2(後編)

檪原越を無事に全通できたので、 ゆっくりと山を下って行こうと思います。 今日は天 …