ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

山の良書Ⅲ – 「関西周辺 低山ワールドを楽しむ」

      2018/10/10

「関西周辺 低山ワールドを楽しむ(著者:中庄谷直氏)」は、平成13年にナカニシヤ出版より刊行された山の良書です。本書には「琵琶湖周辺、北摂・丹波、播州・丹後、中和・曽爾・布引・台高、紀州」とエリアを分け、低山でありながら”小探検的な雰囲気と遊び心を満喫させる”コースを紹介されています。

書評らしくないブックレビュー(三冊目)
山の本

危険とは言えないまでも、昨今の状況ではこの手のコース紹介は不可能でしょう。今は冒険よりも安全が好まれる時代なんですね。

関西周辺 低山ワールドを楽しむ
中庄谷 直
ナカニシヤ出版
売り上げランキング: 1,143,025

Amazon

スポンサーリンク

体験レポートできるルートがなひっ!

前回までの「山の良書」紹介では、実際に歩いてみてのレポートができました。しかし、今回はムリです。関西周辺とタイトルに付されているものの、琵琶湖、丹後、播州などは大阪中心部からは遠い。なかなか足が向く山域ではないのです。

大和高原(奈良東部)ぐらいなら行けるけど。。。
山頂(国見山)

低山ワールドの「はじめに」は、「、、、岩混じりのヤブ尾根を重点的に登ってみた」と述べられています。巻頭を飾るカラーの写真の数々が冒険心をくすぐります。曽爾高原・屏風岩尾根(184頁)は、何とか行けるかなぁとは思うのですが、バス便などの公共交通機関に乏しく、テクテク派のふぁんトントにはツライところですね。マイカー派の方にはおススメできる「山の良書」です。

Googleフォトを活用するテスト

関西の山 日帰り縦走
関西の山 日帰り縦走

posted with amazlet at 16.05.26
中庄谷 直
ナカニシヤ出版
売り上げランキング: 1,091,184

突然、話題が変わります。低山ワールドからは紹介できる体験レポはありませんが、前回紹介した「関西の山 日帰り縦走(著者:中庄谷直氏)」(以下、本書と言う)の中からは紹介できるモノがあります。しかし、当ブログが利用しているWordpressのストレージ容量が上限に達しそうになってきました。山の紹介記事では写真を多用しますので、ヤマレコやYAMAPのリンク紹介だけになってしまいます。それでは、面白くありません。

ココからは、WordpressにGoogleフォトを連携させて、記事中に写真を埋め込み表示させたりするテストを兼ねています。本書で紹介された「一徳防山~岩湧山」の体験を振り返りながら紹介しますのでお付き合いください。(写真下のリンクは、Googleフォトのサイトへ移動します)

滝尻から奥立山へ、電信柱の「ヨコタニ 23」が目印です。

本書では中日野からのルートを歩きますが、ふぁんトントの山歩きでは奥立山から登りました。登り口の権現滝は必見です。

奥立山から一徳防山までのルートはヤマレコをどうぞ。


ヤマレコ

道標地点は本書で「扇畑谷乗越、十文字峠」と様々に紹介されています。扇畑から谷道が登っており、中日野からも通じているようです。

一徳防山~岩湧山

本書では「あまり長居できる場所でないので、、、」と記されているが、ここには南大阪線11号の鉄塔が立っており、結界下でゆっくりランチタイムを楽しむことができた。編笠山~岩湧山の稜線を眺めは実に雄大。尚、本書には一徳防山に三角マークが付されているが、国土地理院の三角点は次の鉄塔が立つピーク上にある。

「縦走にかかると、ほどなく送電鉄塔の立つ頂にやってくる」(本書引用)

この鞍部付近も分岐の枝道があり、谷道で下山できるようだ。エスケープする際には利用できるかもしれない。

本書では「山名を記した標識が見当たらない」と述べられているが、本書を読んだ登山者がその後、これらの山名プレートを取り付けたのだろうか。今は山名で溢れている。しかし、まったく展望のない鬱蒼とした林の中で休憩する気にもなれなかった。

本書ではきゅうざかの道(兼松新道)を経て岩湧山の山頂で広大な展望を楽しみ、滝畑へ下山しています。ふぁんトントは気まぐれなので、いわわきの道でダイトレへ合流し、紀見峠まで歩きました。その顛末はYAMAP(ヤマップ)でどうぞ。

https://yamap.co.jp/activity/310738

一徳防山~編笠山~根古峰~越ヶ滝 |YAMAP(ヤマップ)

“Googleフォト”のススメ

Googleフォトのサービスはおススメできます。無料で使える容量は約15GBに制限されますが、品質を保ちながらファイルサイズを削減する「高画質モード」では容量に関係なく無制限でアップロードできます。当ブログに使用した写真は無劣化のフルサイズでアップロードしたものです。加工で小さくなったりしていますが、最高画質を気兼ねなく活用できるのはグッド。

 

Google フォト

Google フォト
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

上記は。いずれもGoogle Inc.,の純正アプリです。アプリストアには様々なサードパーティ製のアプリが存在するので注意しましょう。スマホやタブレットで使うなら必須のアプリです。

Googleフォト便利機能

とにかく容量を気にせずに写真を保管できる場所があると安心できます。スマホやタブレットで撮影したデータは、帰宅すると自動的にアップロードされます。(Wi-Fi連携)そして、アップロードした写真の中から気に入ったものを編集したり、集めてアルバムを作ったりできます。

コメント受付あり

写真やアルバムには設定でコメントを受け付けたりもできます。もちろんメインの機能は編集機能ですね。アルバム内にはいろんなサイズや比率の写真が混在していますが、撮影は比率4:3(サイズ16MP~20MP)で行い、必要に応じて編集しています。とりあえず被写体をフレームに収まるように撮影し、後から気に入った構図の写真に仕上げるというワケです。

2015.11.07撮影

岩湧山と言えばススキですね。ちょっと気が早いかな。
では、また。

 - 山歩き , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ドルメン(大窪・山畑36号墳)」を探せ!

八尾市の高安古墳群には、約三百基を越す横穴式石室の古墳が存在すると云います。畑の …

カタクリ
ヤマレコの記録から「ツツジ咲く大和葛城山」

春から新緑にかけての楽しみは大和葛城山のカタクリとツツジ。今年はカタクリを見逃し …

東ボッテ山
Android端末とiOS端末で位置情報を共有する方法

※最新の記事(Part.2)もご参照ください。 学校でも社会でも「絆」の重要性が …

blogtitle20161014
「飯盛山の全ルートを歩く計画」と「飯盛山」の山名を考察する

「飯盛山の全ルートを歩く計画」を続行中です。今回は「飯盛山」の山名について考察し …

ショートニーラップ
ヤマケイ2015年4月号の膝痛特集を読んでマクダビッドのショートニーラップを買ってみた

山歩きの天敵は何と言っても膝痛です。特に歩き始めに膝がカクカクして力が入らずに困 …

おと越
八尾市の公立中学校で給食が始まった

八尾市内にある15校の公立中学校で「選択制の給食」がはじまりました。「八尾市立中 …

Cardboard
自分で撮影した全天球パノラマ写真をGoogle Cardboardで見せたらバカ受けした件

山歩きの楽しみの一つに「写真撮影」があります。苦労して見つけた石仏や遺跡、季節ご …

お椀を伏せたような山容の「飯盛山」

むろいけ園地ネイチャートレイルと飯盛山&滝めぐり – ヤマ …

航空灯台
龍王山に残る戦前の航空灯台跡

昭和初期(昭和7,8年)になると、郵便物等の運搬を航空機で夜間に定期的に行うよう …

山ノ神(辨財天龍王)
「飯盛山」- 新たなチャレンジが始まった!

「飯盛山の古道を歩く計画」は今年1月31日のヤマレコで、「北条古道」を無事に歩き …