ふぁんトントのブログ

Explore IKOMA Mountain Range with Virtual PANO Tours, Enjoy them as if you are there.

*

About Me

About Me

  • Google Maps view;
  • ふぁんトントのブログへようこそ。

    ここは「生駒山系」をこよなく愛する「ふぁんトント」のオフィシャル・ブログです。ふぁんトント(Juantonto)とは、「Juan(人の名前)+ tonto(=「おバカな」という意味のスペイン語)」のことで、落語の登場人物で言うと、「八つぁん、熊さん」でお馴染みの「八(はち)公」のことですね。上方落語であれば「喜六、清八」の「喜六」、即ち、「大馬鹿野郎」の代名詞です。

    「ふぁんトントのブログ」は、2013年11月頃からアメブロで始まりました。当初は、スペイン語のまま”Juantonto”と称して発信していましたが、スペイン語の「J=(ホタ)」をハ行で発音してもらえず、『「じゅあんとんと」さんですか?』と尋ねられることがしばしばでした。”Juantonto”は、中南米の民話によく登場する人物なのですが、認知度は低いですよね。。。やっぱり。

    localguides

    と言うワケで、当ブログを始めとして、Google+、Facebook、Twitter、など主な発信ツールには、「ふぁんトント」と表記しております。以後、お見知り置きくださいますようお願いいたします。



    「生駒山系ローカルガイド」と「ストリートビュー」の関係性

  • ローカルガイド
  • 2016年、Googleマップが始めた公式プログラムであるローカルガイドに参加しました。2015年から、Google+に「生駒山系」というコミュニティを形成していましたので、何の躊躇もなく飛び込んでいます。Googleさんからは、「非公式」という称号でサポートを受ける公認コミュニティだそうですが、ほとんどその恩恵を感じられません。ふぁんトントのスタイルはマップにリスティングという情報拠点を登録したり、既存のモノは編集したり、360度パノラマ画像を撮影して提供したりすること。このような活動を通じて「生駒山系」の魅力を再認識してもらおうという試みなのです。

    Googleマップ – 360°パノラマ

    パノラマ画像を複数撮影して、星座のように並べて繋ぎ合わせると、Googleマップでお馴染みのストリートビューという一連のバーチャル・ツアーが出来上がります。最初はスマートフォンのアプリで撮影していましたが、徐々に深みにハマって、今ではワンタッチ撮影が可能なシータを使っています。この関連で、「Googleストリートビュー認定プログラム」にも参加し、プロカメラマンが業務用で使用する(*)Street View Editorをフル活用しています。


    (*)GoThru、Panoskin、Pano2VRなどサードパーティから新たにツールが提供されています。ベータ版の使用レポートを発信中!

    Googleマップ – ストリートビュー

    ふぁんトントにとっては、meet-up(交流会)とか、食べ歩きとか、「ソレ何、美味しいの」の世界なんです。しかし、そういう活動も必要かなと、徐々に思い始めていますから、そのうち、何か新しいことを始めるかも知れませんよ。

    ふぁんトントはメンドクサイことが嫌いなんです。

    YAMAP(ヤマップ)で「生駒山系」の山歩き

  • Google Maps view;
  • 生駒山系は南北に約35kmにも及び、北は八幡市「男山」、南は香芝市「明神山」をエリアとしています。尤も、狭義には「くろんど園地」から「高尾山・創造の森」ということになるでしょう。「男山」から「明神山」は、あくまでも「ふぁんトント」の活動エリアと言うことでご承知おきください。

    Googleマップ – マイマップ

    ローカルガイドの活動として、Googleマップのマイマップを活用しています。”48 Hours in IKOMA”というのは、世界中のローカルガイドが交流するコミュニティサイト「ローカルガイド・コネクト」に記事を投稿した際に作成しました。今後、ローカルガイドとしての活動を披露する場所は、「ローカルガイド・コネクト」が中心となります。

  • YouTube demonstration;
  • 山歩きの記録は、ヤマレコからYAMAP(ヤマップ)に完全移行しました。YAMAP(ヤマップ)では、地理院地図を活用した「オフライン地図」の作成にユーザーの要望を採用しています。「オフライン地図」とは、山中のような電波の届かない場所でも、スマートフォンに表示できる地図のことですね。そうした山中でも、青空の下では日・米・露の測位衛星の電波が届きます。YAMAPアプリを活用すると、現在地をアプリ画面の地図上にリアルタイムで表示することが可能となり、初めて歩くような場所でも道に迷うことがありません。「生駒山系」の「オフライン地図」が、「ふぁんトント」の提案の元、昨年完成されました。「男山」から「明神山」までの全ルートを充実させるべく、これからも「週一回」ペースで歩きます。

    「良き地図があると、良き情報が集まる」

    生駒山系(「交野山」、「生駒山」、「矢田丘陵」)の3地図が充実しました。使える地図があるからこそ、お歩きになるユーザーが増え、情報が良く集まり、それが地図に反映されるという好循環を生んでいます。

    防水・防塵対応のスマホがおススメ

    登山アプリ-YAMAP スマホが登山専用GPS機器に大変身!
    開発元:YAMAP INC.
    価格:無料(アプリ内購入あり)
    平均評価:4.3(合計852件)
    ダウンロード:10万回以上
    (2017年1月24日時点)

    android

    「アプリ」が使えなくても「地図」は使える

    スマホをお使いにならない方でも、YAMAP(ヤマップ)のサイトから地図をダウンロードして紙に印刷してお使いになれます。(会員登録は必要です)

    山スマホとの相性もバッチリ。

    Privacy Policy

    当ブログではGoogle Adsense社の広告を配信しています。訪問者の興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、ブラウザのCookieやWeb Beaconを使用して広告配信プロセスの中でデータを収集し、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。

    但し、いかなる場合も「氏名、住所、メールアドレス、電話番号」などの情報は含まれませんのでご安心ください。 当サイトに限らず第三者へのデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてご利用ください。

    https://www.google.com/adsense/start/#?modal_active=none

    Make Money Online through Website Monetization – Google AdSense

    詳しくは、Google Adsenseの公式ページをご覧ください。

    Contact Me

    当ブログに関するお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。また、Twitter、Facebookもやっていますので、お気軽にフォローしてやってください。無口なのでほとんどつぶやきませんが、、、

    ストリートビュー撮影のご要望、リクエストがございましたら、お気軽にお申し付けください。「生駒山系」であれば、もちろん無料で撮影にお伺いします。ただし、「足の向くまま、気の向くまま」がモットーでございますので、撮影日の確約を致しかねます。その他ストリートビュー撮影に関することなど、お気軽にお問い合わせください。

    公開日:
    最終更新日:2017/07/28